バイト探しのヒントを提供します!

クレープ屋バイトはきつい?経験者に仕事の裏側を聞いてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

クレープ好きなら、「クレープ屋でバイトしたい」と思ったこともあるのではないでしょうか?毎日クレープの香りに囲まれて働けるのは、たまらないですよね。

ただ、クレープを作るのは難しそうだし、クレープ屋にできる行列を見ると忙しくて大変そうな気もします。

そこで今回は、2年間クレープ屋でバイト経験のあるYさん(女性)に、仕事内容、きついこと・やりがいを聞いてみました。

 

スポンサーリンク

 

クレープ屋の仕事内容

クレープ屋の仕事は、シンプルに2つだけです。

1、クレープ素材の下準備
2、クレープを焼く

 

下準備は、クレープ生地作り果物のカットです。

クレープは、以下の4つの手順で作ります。

1、生地を丸い形に焼く
2、焼きあがったら台に乗せトッピング(果物や砂糖、生クリームなどをのせる)
3、クレープを丸める
4、梱包する

 

きついこと

まず第一に、クレープをきれいに丸く焼くこと。最初のうちは、どうしても形がいびつになったりして、うまくいきません。

丸く焼いた後、クレープを鉄板からトッピング台の上に移すのも一苦労です。焼き上がったクレープ生地を持ち上げたとき、落としたり崩れてしまうこともあります。

最初のうちは失敗ばかりで、何回も練習を重ねてやっとうまく焼けるようになります。

たまに、いつまでたっても焼けるようにならず、途中で辞めていく人もいるそうです。

さらに、クレープ屋は大行列ができるので、スピードも求められます。キレイに作れるだけでなく、テキパキと手を動かさないといけないのも難しいところ。クレープ作りの仕事は、高い技術を要求されます。

 

第二に、トッピングを全部覚えないといけないところ。「この商品はイチゴをのせる」、「この商品はバナナをのせる」と瞬時に思い浮かぶくらいでなければなりません。

 

やりがい

まず、クレープを無料で食べられること。今回取材した女性の場合、出勤日に限り、好きなメニューを1個だけ食べられたそうです。クレープ好きにとっては、最高のご褒美と言えるでしょう。

 

しかし一番大きいのは、お客様との会話。

彼女が働いていた店は一人勤務のため、誰も話し相手がいません。だからこそ「常連さんと世間話して過ごすのは、最高に楽しいひとときでした」とのこと。

いつも話しかけてくれるお客様の存在が、仕事を続ける原動力だったそうです。

 

まとめ

クレープ屋さんは、ファミレスやファーストフード系と違い、高い技術が要求される特殊なバイトです。まさに適正に左右される仕事であり、誰でも務まるものではありません。

普段から料理をよく作る人、特にお好み焼きやパンケーキをきれいに焼けるような人に合っています。

単なるクレープ好きではなく、辛い環境に耐えてでもクレープ作りの技術を習得したい方は、ぜひチャレンジしてみてください。
 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バイトハック , 2019 All Rights Reserved.