バイト選びや職場でのお悩みに役立つ情報を発信しています。

サーティーワンのバイトがきついって本当?仕事を詳しく解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

アイスクリーム専門店として、最大規模を誇るサーティーワン。アメリカ発祥で、世界52カ国8,000店以上、日本だけでも1,100店以上に上ります。

アイスクリーム好きなら、バイトに興味を持っている方も多いでしょう。

今回は、サーティーワンの仕事内容、きついこと、楽なこと、やりがいを紹介します。
 


 

仕事内容

サーティーワンの仕事は、

接客、アイスの補充、カップ類の補充、クレープ・アイスクリームドリンク作り、ドライアイスの準備、アイスの陳列、掃除など

種類が多いです。
 

接客

サーティーワンで一番重要な仕事は、もちろん接客。

注文→コーンにアイスをのせる→お会計→商品を手渡す

が一連の流れです。必要に応じて、アイスを試食してもらうこともあります。

接客には、30種類以上あるアイスのメニューを全て暗記しなければなりません。お客様から「~味」と注文されたら、すぐに見つけられるように、色や特徴を覚えます。

2種類以上のアイスクリームを注文された場合は、コーンにのせる順番も重要です。一番固くて溶けにくい種類を下にします。

 

アイスの補充

アイスクリームの在庫が少なくなった場合は、バックルームから補充します。バックルーム内は、-30℃の冷凍室なので、寒いのが苦手な方や、温度差で健康に支障を及ぼす可能性のある方は注意が必要です。

 

コーンなどの補充

アイスをのせるコーンやカップ、コーンを包む紙類なども、小まめに補充します。

 

クレープ・アイスクリームドリンク作り

サーティーワンでは、アイスの他に、クレープアイスクリームドリンクもあります。

アイスクリームドリンクは、アイスクリームをミキサーにかけたり、ソーダに浮かべたりします。工程が多いので、面倒くさいです。

クレープを作るのは難しいので、ある程度仕事を覚えた後に教わります。

 

ドライアイスの準備

持ち帰りのお客様のために、ドライアイスを適度な大きさに割ります。

 

アイスの陳列

アイスクリームを並べる場所にも工夫が必要で、お客様が魅力的に感じる配置を考えて陳列します。

 

掃除

ショーケースは、布巾を使って小まめに掃除することが大切です。ショーケースを常にキレイにしておくことで、商品をおいしそうに見せることができます。

 

きついこと

サーティーワンの仕事は、覚えることが多いだけでなく、肉体的にもきついのが特徴です。

覚えることが多い

アイスクリームの種類や特徴、カップの大きさ、アイスを掬うスプーンの大きさなど覚えることが山ほどあります。

せっかく覚えても、次から次へと新商品が登場するので、新たに覚えないといけません。アイスクリームにあまり興味のない人は、苦痛に感じるはずです。

 

寒い

アイスを扱うので、冬は特に冷えます。冷たいケースの中に腕を突っ込んでアイスを掬うので、手が痛くなります。冷え性の人は要注意です。

また、アイスを取りに行く際は、-30℃の冷凍室に出入りする必要があるので、寒いのが苦手な人や温度差で体を壊す方には向きません。

 

アイスクリームを取るのが難しい

アイスクリームは硬いので、スプーンで掬うのは意外と力を要します腱鞘炎けんしょうえんになったという声もあるくらいです。

また、丸くキレイな形に整えるのが難しいです。何度も練習しないとできません。不器用な人だと、いつまでたっても上手くいかない可能性もあります。

サーティーワンへの応募を考えている方は、これらのことをしっかり頭に入れておきましょう。

 

楽なこと

基本的に楽な仕事ではないですが、強いてあげると次の2つです。

オンラインマニュアル

サーティーワンのマニュアルは、紙ではなくオンラインで学べるようになっています。

紙のマニュアルだと、紙が手元にないと見れませんでしたが、オンラインマニュアルは、スマホがあればいつでも学習できます。

外出中に、突然「~ってどうやるんだっけ?」という悩みが発生しても、すぐにチェックできるので便利です。

 

アイスクリームの製造は不要

アイスクリームは、工場で製造されるので、一から作る必要はありません。クレープやドリンクは、お店で作らないといけないですが、アイスクリームの製造がないだけまだマシです。

 

やりがい

お客様から「ありがとう」と言われることが多いです。

サーティーワンでは、接客する時間が長く、お客様と密接に関わることになります。注文から商品の提供までの全工程を全て一人で担当し、時にはおすすめメニューを提案したり、試食をしてもらったりすることもあります。

必然的に手の込んだおもてなしをできるので、お客様からお礼を言ってもらえることにつながるのです。

 

仕事に向いている人

サーティーワンの仕事に向いている人は、物覚えの早い人、寒さに強い人です。

覚えることが多く、季節ごとに商品が入れ替わったりするので、覚えることが山ほどあります。覚えるのが苦手な人や変化に弱い人は厳しいです。

また、冷え性の人にも辛い仕事です。冬の売り場は非常に寒いですし、冷凍ケースに腕を突っ込んだりするので、冬に弱い人は長く続けるのが難しいかもしれません。

覚えるのに自信があり、冬が得意な人はチャレンジしてみるのもいいでしょう。

 

まとめ

サーティーワンの仕事は、精神的にも体力的にもきつく、気軽に始められるバイトではありません。

その代わり、辛いことを乗り越え成長すれば、お客様から感謝されたり、新しい仕事にチャレンジできたりと、やりがいを感じられます。

辛いことは多いですが、まずはアイスクリームが好きという気持ちがあれば、思い切って応募してみるのもいいでしょう。
 

この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バイトハック , 2019 All Rights Reserved.