バイト探しのヒントを提供します!

時計屋のバイト評判!クレーム処理が面倒?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

アパレルの中でも、仕事内容のイメージが沸きにくい時計屋さん。今回は、時計販売バイトの仕事内容とメリット・デメリットについて、経験者の体験談をまとめました。
 

スポンサーリンク

 

仕事内容

時計屋さんでは掛け時計から腕時計などあらゆる種類の時計を取り扱っているので、それを販売するための接客が中心になります。また販売だけでなく、電池交換や修理も取り扱っているので、それらの受け付けを行います。修理作業に関してはバイトに任せられることはないので、接客や在庫管理をすることが主な仕事になります。
(30代 女性)

 

開店準備のための店舗内の清掃。陳列棚に商品をきれいに並べる。
腕時計や置時計の販売。また、腕時計の電池交換やベルト交換。
腕時計の修理依頼の受付業務、写真撮影など。
本社への発送業務(店舗内で電池交換や修理ができない高級時計の場合)
お客様からの問い合わせ対応。
一日の売上集計のデータ入力と現金残高のチェックと照合業務。
(40代 女性)

 

主に接客と会計をしました。ただ接客といっても声をかけて売り込む感じではなく、声をかけられたら商品の紹介をする感じでした。大手の店ではなかったので、わりと常連さんが多く、そういう方々の話し相手になっていた感じです。若い方が着たときには答えられる範囲で答えて、わからないことは詳しい人に取り次いでいました。
(40代 女性)

 

対面での接客、時計やベルト等付属品の受発注、修理受付、時計メーカーとの電話のやり取りなどを担当しました。また、修理で預かった時計をメーカーに梱包して送る事や、クレーム対応もわりとあります。クリスマスの時期は相談を受ける事が多く、ラッピングもやらなければなりません。
(30代 男性)

 

評判

大変だったこと

数多くのメーカーの時計を取り扱っているので、その特徴をある程度は覚えることです。接客をする時に見た目だけでなく、性能なども説明できるようにすることが必要だからです。あと魅力的に見えるように、時計を展示する方法を考え出すのも結構難しいです。
(30代 女性)

 

腕時計の電池交換の研修が数日間ありました。
本社で職人さんから教えてもらいました。
やはりできるまで時間がかかり不安でした。
お客様が目の前にいて、待たれていると緊張します。
傷をつけないように、失敗なく、きちんと交換できるか、慣れるまで不安でした。
ある程度の期間が過ぎると1人で開店から閉店まですることとなり責任が重かったです。
(40代 女性)

 

最初は専門用語を覚えるのが少し大変でした。あと、たまにとても高額な商品が入ってきたので、その取り扱いには気を遣いました。あとは掃除です。「高価なものを売っているので店は綺麗に」という方針の店だったので、お客様のいないときはひたすら掃除をしていました。
(40代 女性)

 

けっこうクレームが多いです。とくに初期不良や早期の故障。お買い上げしてもらってから数日や当日中に動かなくなることがあり、腕時計などでよく起こり、テスト用の電池が切れただけなので初期不良ではないのですが、お客さんは納得しません。「交換しろ!」となるのですが、ベルト調整などをしていると交換できなくて、かなりトラブルになりますね。
(30代 男性)

 

良い点

時計は清潔な場所で販売することが欠かせないので、空調もきいている快適な環境で働けることが大きなメリットです。バイトであっても、お店によっては販売している商品を購入するときは割引が適用されることがあるので、お得に購入できるメリットもあります。
(30代 女性)

 

特に知識がありませんでしたが、時計に詳しくなりました。
自分の使っていない時計が全部よみがえりました。
練習台となったことと、格安で電池を買うことができました。
今でも、自分で電池交換でできます。経済的です。
家族の時計もすべて電池交換してあげて、喜ばれました。
(40代 女性)

 

お金持ちの人はいい時計をつけている、という話がありますが、必ずしもそうじゃないことを知れたのがよかったです。ただ、大切に使っている人にはお金持ちの人が多かったです。そういう方々は、壊れる前に必ず点検に出してきますし、古いものでもとても綺麗でした。そういうものを見られたのは貴重な機会でした。
(40代 女性)

 

やはり時計に対しての見識が広がることです。知らないメーカーや時計の内部について、一般の人よりは知識がつきます。また、簡単なベルト調整くらいならできるようになりますし、販売店目線で時計に詳しくなれます。
クレームに対しての対応力もつきますし、業者販売価格で時計を購入できるのも、1つのメリットでしょう。
(30代 男性)

 

まとめ

時計屋の仕事は、通常のアパレルのようにただ販売するだけでなく、修理やクレーム対応まで行う必要があります。高価なのに壊れやすいため、クレームや修理の依頼が多くなり、接客が大変です。

時計に興味があり日々勉強を惜しまず、さらにお客様に丁寧な対応ができる方に向いています。
 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バイトハック , 2019 All Rights Reserved.