バイト探しのヒントを提供します!

重労働で忙しい?ウエルシア薬局のバイト評判

 
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

首都圏にたくさんの店舗を構えるドラッグストア・ウエルシア薬局。バイトの募集も積極的です。

ドラッグストアと言えば、レジ打ちメインの楽そうなバイトにも思えますが、ウエルシア薬局の仕事はかなりきついとのこと。作業量が多く、力仕事もあるそうです。

今回は、ウエルシア薬局のバイト経験者Bさん(40代 女性)に仕事の詳細を聞きました。

 

スポンサーリンク

 

仕事内容

ウエルシア薬局の仕事は、主にレジ、品出し、売り場作りの3つです。

 

レジ

商品の入力、割引操作、返金処理、電子マネー(チャージ含む)、クレジットカード、スマホ決済、ギフトカード、商品券、公共料金の受付など、覚えることがたくさんあります。

また、割引のし忘れも頻繁にやってしまい、その度に返金処理しないといけないのが非常に面倒くさいです。

 

品出し・商品管理

ウエルシアは、薬の他に食料品も取り扱っており、力仕事が多いです。米・6本入りペットボトルといった、10kg以上の物を持ち運ぶこともあります。品出しは、薬よりもドリンクやお菓子類などの食料品がメインとなります。

また、賞味期限間近の商品に値下げシールを貼る仕事もあります。

 

売り場作り

商品の入れ替えや、値下げ専用棚を作ったりします。季節ごとにPRしたい商品を目立つ場所に移動するのが、主な仕事です。

 

仕事のきついところ

食料品を扱っているため作業量が膨大、かつ力仕事も多いので、そこいらのドラッグストアよりも仕事はきついです。ドリンク類やお米の品出しでは、重い物を持ち上げる機会が多いので、腰痛に注意しなければなりません

ただでさえ作業で忙しいのに、レジが混めば直ちにレジに向かわないといけません。売り場が広いので、レジと作業場所を行ったり来たりするのは、運動不足の私にとって体力的にしんどいものでした。

 

また、商品の種類も多いので、場所を覚えるのにとても苦労します。私は約2年勤務しましたが、最後まで完璧には覚えられませんでした。お客様から場所を聞かれてわからないときは、他のパートさんや社員の方に助けてもらいました。

商品が入れ替わったり売り場が変更されたりするので、ベテランのパートさんでも商品の場所をすべて把握するのは難しいです。なので、完璧に覚えられなくても落ち込む必要はありません。

 

仕事のやりがい

やりがいは、レジや品出しの仕事ができるようになると、売り場づくりも任してもらえることです。

対象の棚と商品は指定されているので、言われた通り並べていくだけですが、自分で一から完成させた売り場を見ると達成感があります。日頃、レジや品出しなどの単純作業と比べれば、売り場づくりの仕事は楽しく感じます。

 

職場の雰囲気

ウエルシアはやることが多く、非常に忙しいので、勤務中は誰かとおしゃべりする余裕はありません。そのため、特に人間関係を気にすることもなく、言われたことをひたすらこなすだけの感じでした。

仕事内容は決まっており、誰かに相談するような場面に遭遇することは少ないため、コミュニケーション能力は必要はありません。せいぜい、レジが混んだときに呼び鈴を押して、別の作業をしている人を呼ぶくらいです。一人で淡々と作業したい人に向いていると思います。

 

まとめ

ウエルシアのバイトは、作業量が多く力仕事もあり、レジは覚えることが膨大なので、意外ときついです。ただ、薬剤師や登録販売者がいるので専門知識は必要なく、仕事はとても簡単です。頭を使わない仕事が好きな方には合っています。

とても忙しいですが、飲食業と比べれば全然大したことありません。急かされたり、一度にたくさんのことに神経を使う必要もなく、マイペースでも大丈夫です。

ウエルシアが近くにある方は、気軽に応募してみてください。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バイトハック , 2019 All Rights Reserved.