バイト探しのヒントを提供します!

自販機補充バイトは楽?きつい?経験者に聞いてみた!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

自販機補充バイトの仕事内容と楽な点・きつい点について、経験者の声をまとめました。

 

スポンサーリンク

仕事内容

各ルートごとの自動販売機を周り、補充していきます。釣銭の補充、賞味期限の確認もおこたらないようにします。近年の夏は暑すぎることもあり冷たいものがすぐに売り切れることが多いのでなるべくロスが出ないようにしないといけません。
(40代 女性)

 

ここからここまでという地域を割り振られてその地域の自動販売機を管理することになります。
飲み物の補充と空き缶の回収はもちろんやりますが、それ以外にもPOPの装飾などを自分なりに買っていたたげるように工夫したりします。
(30代 男性)

 

それぞれ決められたエリア内にある自動販売機の中の飲み物の補充と同時に売上金の回収と機械のおつり等の確認と補充を行い、また季節や売れ筋に応じて商品の並べ方や配置する商品の種類を考慮したりといった作業が主な内容です。
(20代 女性)

 

出社し、その日回るルートを組む。
トラックで自販機を回り、ジュースの補充、売上金の回収、空き缶を回収。
場合によっては故障やトラブルの対応。
季節の変わり目には商品の切り替えもあり。
帰社したら、次の日のためにトラックへジュースを積み込む。
(20代 男性)

 

登録している自販機の所在を確認し、補充の効率を上げる為、各方面別に分かれます。夏場は補充の個数と頻度が多いので2人掛かりで1台のトラックに乗り、補充します。補充が終わると機械がきちんと動作するかどうかチェックし、集金と小銭の補充となります。空き缶ボックスのあるところは空き缶の回収と袋のセッティングをします。
(40代 男性)

 

楽なところ

決められたルートだし自分は特にノルマはありませんでした。賞味期限間近だったり切れたものなんかはコーヒーやジュースは好きに飲んでよかったので嬉しかったです。とは言ってもトイレばっかり行ってられないのでほどほどに。
(40代 女性)

 

車移動ですので、荷下ろししてる時間以外は夏も冬も移動してる間は快適に過ごせることです。
作業自体はそんなに難しいことはなく人との関わりも他のサービス業務に比べると少ないのは自分に合ってました。
(30代 男性)

 

会社にもよるかもしれませんが、自分が一時期働いた所では指定された担当エリア内は決められた日数で終えられれば後は好きなルートで好きな順に作業を行って良いというものだったので、自分の回りやすい順や予定で動く事が出来るので、きっちり決められてるよりは自由度があり楽でした。
(20代 女性)

 

店舗配送とは違い、納品時間がきっちり決まっている訳では無いので、急ぐ必要はそれほどありません。
また、基本的にずっと1人で仕事をするので気楽な面があります。
(20代 男性)

 

精神的には楽です。ほとんどは肉体的な労働になります。しかし、夏場以外は極度に補充の頻度も個数も多くないので、ドライブをしている感じです。搬送途中は音楽も聞けて自由です。休憩もしっかりとれます。
(40代 男性)

 

きついところ

たまにコーヒーとかのミルク成分が分離したりして、健康被害などはないもののクレームが入ったときは面倒です。あと冬は寒く夏は暑い。当たり前ですが重いものの上げ下げはきつい。全然売れない銘柄の回収作業はなんか嫌でしたね。
(40代 女性)

 

中身の入った缶やペットボトルなどはとても重量がありますので、慣れてくると必然的に体力がついてきます。
少し高いところから荷物を降ろすこともあるので腰など注意しないと怪我することもあります。
(30代 男性)

 

基本、トラックにその日回る自動販売機の商品を確認して箱で積み込んで行くのですが、飲み物の箱はかなり重たいので力仕事になる点と、建物の中など場所によってはトラックをあまり近くまで持っていけないところもあるので、補充先まで商品を往復して運んだりしなければならない点が特に大変でした。
(20代 女性)

 

夏場は暑さに加え、ジュースの売れる本数も多いので大変です。
また、ホットとコールドの切り替えの時期には12時間を超える労働時間にななるのが当たり前です。
(20代 男性)

 

夏場が特に辛いです。体力勝負でしょうか。お盆休みもありません。移動中以外は屋外で日差しがきついです。工事現場などではトラックの駐車位置から自販機まで遠いところもあり、補充の飲料を箱ごと持ち運んで補充することになります。一日に15から20件を回りますが、腕が震えてきます。またそのような現場では休憩時間に一斉に自販機に群がるので、休憩時間の直前に補充した飲料は「冷えていない」などのクレームが多々あります。その他、脱水症状にもなるので水分補給には注意しています。
(40代 男性)

 

まとめ

自販機補充の仕事は、決められたエリア内の自販機にジュースを補充し、売上金を回収するだけなので、難しいことは一切なく単純作業です。納品時間などもないので、「〇時までに終わらさせないといけない」のような作業ノルマもありません。

デメリットとして、缶・ペットボトルが詰まった箱を持ち上げないといけないので、力仕事できついです。また、外での仕事になるので、夏暑く、冬寒いです。

体力に自信のある人におすすめです。
 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バイトハック , 2019 All Rights Reserved.