バイト探しのヒントを提供します!

スワローチェーンのバイトの評判!経験者へのインタビューまとめ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

最近店舗数を拡大しているクリーニング屋さんのスワローチェーン。あなたの家の近くでも見かけるかもしれません。

今回はスワローチェーンのバイトはどんな感じなのか?研修や仕事内容、大変なこと、やりがいを、経験者へのインタビューを基にまとめてみました。
 

スポンサーリンク

 

仕事内容

洋服のクリーニングは工場で行うので、クリーニング店としての仕事は、お客様とクリーニング工場の仲介です。次の2パターンの流れがあります。

1、お客様から洋服を預かり会計→工場発送の準備→工場担当者に手渡す
2、クリーニングされた洋服の受け取り→指定の場所に保管→お客様に渡す

工場発送の準備は、ワイシャツのボタンを外す、洋服にタグ付けする作業です。お客様が来ない時間は、ひたすらこの作業を行います。

時間内に作業が終わらない場合は、次のシフト(勤務時間帯)に引き継ぎます。

 

研修内容

スワローチェーンの研修は、下高井戸の店舗で行います。長期間パートで働いてきたベテランスタッフが、個別指導してくれます。

仕事の話に終始するのではなく、雑談も交えながら進めてくれるので、研修はとても楽しいです。

あなたのペースに合わせて優しく丁寧に教えてもらえますし、しっかり仕事を覚えてから独り立ちできるので安心です。

 

大変なこと

スワローチェーンは一人勤務(ワンオペ)なので、何かわからないことがあっても、他の人に頼れないのが辛いです。わからない場合は、研修を行った下高井戸店に電話しなければなりません。ごく稀に、電話だけで解決しないトラブルもあります。

また、忙しいときは接客に時間を奪われ作業が進みません。ミスなく手際よくこなしていかないと到底終わらないので、手先が不器用な人やミスの多い人には厳しいでしょう。

体力的にもきついです。10〜15時という勤務帯だとお昼休憩が取れません。お昼ご飯は15時以降に食べることになるので、食事が不規則になります。胃腸が弱い人は注意が必要です。

 

やりがい

接客にはクリーニングの高い知識を必要とし、研修でしっかり学びます。習得した知識をお客様に伝え、お悩みを解決してあげると感謝されることも多く、お礼を言ってもらえると嬉しいです。

また、普段は基本的に暇なので、お客様と雑談できる機会も多いです。子育てや家事の悩みなど、共通の話題で話が弾みとても楽しいです。

 

まとめ

スワローチェーンのバイトは一人シフトで辛いですが、丁寧な研修があり、独り立ち後にトラブルが起きても電話でサポートしてもらえるので安心です。

繁忙期以外は来客が少ないので、焦って作業する必要もありません。

人と会話するのが好きなら、楽しく働けるでしょう。
 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バイトハック , 2019 All Rights Reserved.