バイト探しのヒントを提供します!

ちよだ鮨のバイトが楽な理由は研修にあり!口コミ・評判に迫る

 
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

駅ナカ・デパ地下のすし屋さんでお馴染みのちよだ鮨。自宅で寿司を食べる人なら、一度は利用したことあるのではないでしょうか?

ちよだ鮨のバイトの魅力は研修にあります。バイトをすぐに辞めてしまうのは、研修段階できちんと教えてもらえないからです。ちよだ鮨では、充実した研修制度が用意されているので、約7割の人が1年以上定着できています。

今回は、ちよだ鮨のバイトの研修・仕事内容と口コミ・評判を解説します。
 

スポンサーリンク

 

研修内容

ちよだ鮨の研修は、築地にある研修施設で行われます。研修時間は合計33時間で、期間は個人の契約勤務日数・時間で異なります。店舗を再現した厨房設備が整っており、盛りつけ(ご飯の上に刺身やわさびをのせる)やパック詰めなど、店舗で行う基本的な作業は全て習得できます。

店舗での研修となると、店長が忙しい中新人に一から教えることになるので、どうしても教育が疎かになる部分も出てきますし、なかなか覚えられず怒られてばかりなど、辛い経験をした方も多いのではないでしょうか?ちよだ鮨の研修は、全員一緒のスタート。研修専門スタッフからの指導を受けられるので、自分のペースで確実に仕事を覚えることができます

実際、ちよだ鮨も各店舗ごとに研修をしていたときは、技術が身につかず早期に辞めていくバイトが多かったそうです。一方、本格的な一斉研修を導入してから、1年定着率が5割⇒7割に上昇したのだとか。

研修も学校のように丁寧に指導してもらえる上、一通り仕事を覚えてから店舗に配属になるので、仕事が覚えられず上司や先輩から怒られたり、ベテランスタッフの仕事ぶりを見て、「自分はダメだ」と落ち込むこともありません。

この入社時研修制度のおかげで、新人が挫折する原因の大部分を取り除くことができるのです。

 

仕事内容

仕事内容は、すしの製造が中心で、お客様が来たときはレジ対応します。

しゃり(米飯)はすしロボットが握ってくれるので、バイトがやるのは、シャリの上に具材をのせるすしのパック詰めです。

後は、パック詰めしたすしを店頭に並べるレジを打つです。

 

きついこと

「職場環境に恵まれず辛い思いをした」という評判が多いです。

・客数に対して人数が少なすぎ
・パートのおばさん達から嫌がらせを受けた
・店長が怖い

といった内容です。

 

楽なこと

レストランではなく、テイクアウト(販売)のみなので、「仕事自体は楽」という評判が多いです。充実した研修が用意されているので、「仕事が難しい」「覚えられない」といった理由で挫折することはありません。

忙しすぎない店舗で、人間関係に恵まれれば、長く続けられる環境です。

 

まとめ

ちよだ鮨のバイトは、新人だけで行う充実した研修制度が用意されているので、店舗研修主体のバイトと比べて、出だしで躓く心配のないところが一番のメリットです。

テイクアウトスタイルなので、レストランのような面倒くさい仕事(席案内、オーダー取り、料理運び)もなく、すし屋バイトとしては楽な部類です。人間関係にさえ恵まれれば、特に辛いこともありません。

すし屋のバイトに興味あるという方は、ちよだ鮨を検討してみてください。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バイトハック , 2019 All Rights Reserved.