バイト探しのヒントを提供します!

豆腐屋のバイト評判!朝が早いのが難点

 
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

近年はスーパーで買うことがほとんどの豆腐ですが、豆腐をはじめとした大豆製品を専門に扱う豆腐屋さんもいまだ健在です。今回は、豆腐屋バイトの仕事内容やメリット・デメリットについて、経験者の口コミをまとめました。

 

スポンサーリンク

 

仕事内容

出来上がった豆腐を裁断して、袋やケースに入れる仕事がメインになります。豆腐を作るときはにがりなどの配合が難しいので、バイトにはほとんど任せられることはありません。しかし豆腐屋さんでは豆腐だけでなく、揚げなども作るので、それらの調理補助をすることはあります。油で揚げた揚げを、やはり袋詰めにする作業を行います。
(30代 女性)

 

最近は工場で作ったものを販売のみする豆腐屋もありますが、私の働いていたお店は豆を煮だして豆乳を作るところからやっていました。豆を煮たり濾したり、固めたりという豆腐作成の仕事はご主人の仕事でしたが、出来上がった豆腐をかごに盛ったり、切られた豆腐をパック詰めする仕事や、お店に来たお客さんへ販売する仕事を主にやっていました。
(30代 女性)

 

高校生の頃、豆腐屋でバイトしていました。
お豆腐は作らせてもらったことはありませんでしたが、その代わりに店内の清掃とトイレ清掃、そして、接客を教わりました。「いらっしゃいませ!」「ありがとうございました」「袋にお入れしますか?」等です。
後は会計をしました。領収書の発行やらを学びました。
そして、お豆腐を水の中に漬けておくのですが、その漬け具合の管理等をさせられました。
(20代 男性)

 

豆腐の製造補助、販売、接客、清掃、精算などが主な仕事です。その性質上から汗をかきやすい仕事なので、勤務中の水分補給は認められているというか、寧ろしなくてはならないこととして定められています。空いている時間に豆腐の作り方のトレーニングをすることもあり、熟練すると豆腐を1人で作ることも責任者から任せられます。
(20代 男性)

 

悪い点

出来上がった豆腐を裁断しますが、その時にかなり冷たい水の中から取り出さなければならないので寒さがきついです。ビニール手袋をしていても、冷たい水の中に手を入れると凍えそうになりますし、基本は立ち仕事なので結構ハードです。
(30代 女性)

 

豆腐屋は店じまいも早いですが、朝も早いです。7時ごろにはお店に入って(豆腐を作るご主人はもっと早いですが)、パック詰めなどの作業をはじめます。
仕事そのものは販売が主でしたので重労働という感じではないですが、朝が早いのが辛い人は大変だと思います。
(30代 女性)

 

朝4時に起きて4時30分には、店内に入らないといけない事が大変でした。なので高校生の時は、夜の10時頃には寝ておりました。(笑)
後は衛生面にはとても気を遣いました、とにかく店内やらトイレを清潔に保つことと、手指はアルコール消毒等を頻繁にしなくてはいけないのが、結構大変でした。
(20代 男性)

 

個人経営の延長で経営されている店舗が多く、そういうこともあってか私のところも勤怠管理が適当で、30分程度の残業には残業代が支払われませんでした。また、半年以上フルタイムで働いたにも関わらず有給休暇を申請すると「有給制度は無いよ」と店長から拒否されました。
(20代 男性)

 

良い点

特別難しい技術が必要なわけではないので、一度学んだら、特に何も考えることなく作業に打ち込めるというメリットがあります。豆腐店によっては、出来立ての豆腐をもらえることもありますし、試食することができるので豆腐の本当の美味しさを知ることができます。
(30代 女性)

 

出来立ての豆乳やお豆腐、売れ残ったがんもどきなどを貰えました。
手作りの豆腐は劣化も早いので、次の日に持ち越して売ることはうちの店ではありませんでしたので、余ったものはもらって帰れました。
豆腐は栄養価も高く、とてもヘルシーですし作り立ては格別ですのでうれしかったです。
(30代 女性)

 

朝早く働くので、諺にもある「早起きは三文の徳」という事を感じられる仕事だと思います。先ずもって朝起きが良くなりましたし、「お豆腐」に関してはとてもウルサクなりました。(笑)無意識にお豆腐に関する知識が入ってきて、こだわるようになりました。
そして、衛生面に関してプライベートでも気を遣うようになりましたね。お陰で身だしなみを整える事が楽しくなりました。
(20代 男性)

 

勤務終了後に、豆腐の製造過程で生成されたおからを引き取ることを許されたのがメリットとして大きかったところです。食費を浮かせたい若いアルバイトであった私にとって、この福利厚生的な部分は案外に無視することができませんでした。
(20代 男性)

 

まとめ

豆腐屋は個人経営の店がほとんどです。豆腐作りは主に店主が行い、バイトが担当するのは、豆腐を裁断したり盛り付けたりといった補助業務が中心です。

豆腐屋の仕事で特に大変なのが、朝が早いこと。朝に弱い人は要注意です。

勤務終了後は、豆腐をもらえることも多いので、豆腐好きの方はやりがいを感じられるでしょう。

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バイトハック , 2019 All Rights Reserved.