バイト選びや職場でのお悩みに役立つ情報を発信しています。

【経験者が教える】ローソンバイトのきついこと6つ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

ローソンのバイトが「きつい」かどうかは、正直言って働いてみないとわかりません。オーナーごとに方針が違うので、オーナーの考えと合わなければ苦労します。

ただ、仕事内容はローソンであれば基本的に一緒なので、「仕事のきつさ」に関しては、私の経験も役立つでしょう。

そこで今回は、私が働いて感じたローソンのバイトのきついところをお伝えします。

 

ローソンバイトのきついところ

ここでは、ローソンでバイトして私がきついと感じたことをお伝えします。

 

覚えることが多い

ローソンに限らず全てのコンビニに言えることですが、覚えることはとても多いです。

提供しているサービスの多さや支払い方法の多様性など、スーパーのレジとは比べ物になりません。また、利用頻度の少ないサービスだと、一度覚えてもすぐ忘れてしまうこともあります。

そのため、一通りレジが打てるようになるまでも、かなり時間を要します。はじめのうちは、先輩の助けを借りながら少しずつ覚えていきましょう。

 

キャンペーンが多すぎ

ローソンでは、ギフト予約、クジ引き、焼き鳥値引き、からあげクン増量、新サービス導入など、頻繁にキャンペーンを行なっています。

そのため、せっかくレジの基本操作を覚えても、次から次へと新しいことが出てくるので大変です。

なので、業務を完璧に覚えるというのは難しいので、「いつまでたっても覚えられない」などと焦る必要はありません。

 

お客様から想定外の質問を受ける

コンビニではサービスが多いので、お客様から受ける質問も多岐にわたります。

単に商品の場所を聞かれるだけでなく、機械の故障や操作方法、スマホアプリの起動の仕方、商品についての細かい質問など、マニュアル通りにはいきません。お客様から聞かれても、答えられないことの方が多いくらいです。

わからないことがあったら、先輩やオーナーに対応してもらいます。

ただ、オーナーとうまくいかなかったり、コミュニケーションが取れないと、非常に苦労します。私の場合、結局、自分で適当に受け答えしたこともありました。

 

ファーストフードやおでんを取るのが面倒

揚げ物や焼き鳥はトングで掴むのが大変で、慣れるまでは時間がかかります。中華マンは紙で包むのに苦労しました。

特に大変だったのがおでんです。お客様が口頭で注文した商品を器によそうのですが、初めは目当ての商品がどこにあるかわからず探し回っていました。

また、おでんと一緒にうどんを注文されることもあり、その場合、レンジで温めないといけないので手間取りました。

 

来客の波が激しい

私の働いていたのは、お客様が殺到するときと暇になるときの波が激しい店舗でした。

忙しいときは行列ができ、とても疲れます。一方、暇なときは何もやることがなく、困っていました。

何もやることがなく店をウロウロしていたら怒られます。かと言って、聞いても「こんなこといちいち聞くな」とばかりに怒られるので、いつも辛い思いをしていました。

 

オーナーとうまくいかないと地獄

初めに書いたように、オーナーとの相性が悪いと地獄です。

オーナーは店のトップなので、誰も相談する人がいません

私もオーナーと合わず、話はうまく伝わらないし、いつも怒られてばかりで、非常に辛い思いをしました。

オーナーと合う・合わないは運なので、こればかりはどうしようもありません。

人間関係に不安な人は、コンビニより会社直営の店で働いた方がいいと思います。

 

ローソンバイトはこんな人にキツイ!

私の経験からローソンバイトをきついと感じる人の特徴をまとめます。

 

オーナーと合わない

最も致命的なパターンが、オーナーと合わないことです。

毎日嫌いなオーナーと顔を合わせないといけない、怒られる、わからないことがあっても助けてもらえないなど、悲惨な思いをすることになります。

オーナーと合わないとなると逃げ場がないので、退職するしか選択肢が残されていません。

 

臨機応変な対応が苦手

コンビニはキャンペーンが頻繁にあったり、お客様から予想外の質問をされたりと、とにかく臨機応変な対応を求められます。

“変化” が苦手という人は、イレギュラーなことが起こるたびにアタフタして、大きなストレスになるでしょう。

 

覚えが悪い

コンビニは覚えることが多いので、覚えが悪い人は辛いです。毎回のように誰かに助けてもらわないといけないですし、「この前言ったでしょ!」と何度も怒られることになります。

このような状況が続けば居づらくなり、結局長続きしません。

 

ミスが多い

仕事にはミスがつきものですが、特にコンビニの場合、お金に関するミスが多く発生しがちです。自分のミスにより、店に大きな損失を発生させてしまうこともあります

お金のミスは、オーナーの生活に直結するため、劣化のごとく怒られます。ミスが続けば、当然居づらくなるでしょう。

日頃からミスが多い人ようであれば、コンビニのバイトは避けておいた方が無難です。

 

まとめ

以上、ローソンバイトのきついところをお伝えしてきました。

ただ、ここで書いたことはあくまで私の基準であり、人それぞれ感じ方は異なります。

実際、仕事がうまくいかなくても周りがフォローしてくれ、すごく働きやすかったという場合もあるでしょうし、逆も起こり得ます。

実際に働いてみないとわからない部分の方が多いですし、合わなければすぐに辞めれば済む話です。

なので迷っている人は、ぜひ応募してみてくださいね。

経験者が解説!ローソンバイト7つの仕事内容

この記事を書いている人 - WRITER -
私の体験や経験者へのインタビューをもとに様々なバイトの裏側を紹介していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バイトハック , 2019 All Rights Reserved.