アルバイト探しや転職を検討中のサラリーマン、ニート脱出を目指す方に役立つ情報を提供します。

麻雀好きには嬉しい!雀荘バイトの魅力ときつい点を経験者が解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在の職業は、フリーター兼ブロガー。これまで接客・非接客合わせて5種類のアルバイトを経験。職場における失敗&成功体験から得られた情報をお伝えしてきます。
詳しいプロフィールはこちら

今、世の中は空前の麻雀ブームです。ネットテレビで連日盛んに対局の模様が放送されたり、様々な人気アイドル達が麻雀を覚えプロになったり、ボケ防止に健康麻雀が流行ったりなど、怖い男たちが命を懸けて争うような一昔前の麻雀に対する世間のイメージからは大分良くなったように思います。これらがきっかけで新しく麻雀を覚え始めたりする大学生や大人は増えていると感じています。

大学生になると、どんなアルバイトをしようか一度は考えると思います。 憧れだったおしゃれカフェ、塾の先生、長い時間シフトに入ることができて稼げる居酒屋やコンビニでの深夜バイトなど、様々なものがあります。麻雀が好きでたまらない学生の方は、雀荘バイトも一度は考えたことがあると思います。今回は、私自身が経験した雀荘バイトについて体験談を以下にまとめました。




なんで私が雀荘で働き始めたか

かく言う私も、麻雀がとても好きで、週4~5は麻雀をして過ごす典型的な麻雀に溺れた大学生でした。

雀荘に行ったことがある人なら分かるかもしれませんが、雀荘にはセットと呼ばれる友達4人(または3人)での利用と、フリーと呼ばれる知らない人たちと麻雀をする2種類の利用方法があります。強い人達と麻雀をしたかった私は、働いてお金をもらいながら強い常連さん達と打てるなんて夢のようだと思い大学入学後すぐに雀荘バイトに応募しました。

雀荘バイトの仕事内容

お店によって様々ですが、ほとんどの雀荘に共通して言える仕事内容は、来店したお客さんへの挨拶やおしぼりの配布、新規のお客さんに対してはルール説明、また灰皿交換などの清掃業務や場所代の徴収、管理であり、フードメニューを出す雀荘ではこれに調理や飲み物の用意が加わり、さらにフリー営業をしているお店では人が足りていない卓に入りお客さんと一緒に麻雀を打ちます。

どれくらい稼げるの? シフトは?

雀荘が位置する場所にもよりますが、東京ならば基本的には時給1000円くらいです。シフトは、私が働いていたところでは12時間交代制(10時~22時,22時~10時)でしたが、24時間営業していないお店では少し変わってくると思います。
 
また、フリー営業のお店のほとんどはゲーム代フルバック(ゲーム内での勝ち負けを店員が背負うこと)なので、勤務終了時のお給料は単純計算できないことが多いです。ゲームに勝てば時給より多い収入を得られますが、ゲームに負けると時給計算した給料よりも少なくなってしまいます。(マイナスになってお店に支払うこともあります) 私は週3~4日シフトに入っていました。



雀荘バイトのきついところ

先ほど少し述べたように、第一はゲームに負けると給料が減ってしまうことです。12時間勤務のうち数回4位を取ってしまうと給料がなくなってしまいます。お店で働いて給料をもらいながら強い人達と麻雀が打てるという点では確かによいのかもしれませんが、勉強が本分である学生にとって勉学との両立を考えると雀荘バイトとその他のバイトの掛け持ちは厳しく、雀荘で働くことはよほど金銭的に恵まれていない限り困難ではないかと思いました。しかしもちろん、麻雀が強くなることは確かです。
 
そして二つ目は、タバコの煙がかかってしまうことです。個人差があると思いますが、タバコが苦手な人にとっては雀荘で働くことは難しいでしょう。

まとめ

雀荘で働くことのメリットはたくさんあります。私自身働いてみてとても充実していましたし、普段出会えないような個性豊かな様々なお客さん、また接客の仕方なども学ぶことができ、さらには店長の方から麻雀のイロハを学ぶこともできました。

先ほど私が書いたようなことは、お金を稼ぐアルバイトとして見た視点での雀荘バイトについてであり、もし麻雀がたまらなく好きで、金銭的に余裕があり興味があるならば、私と同じく是非働いてみることをオススメします。私は他に様々なアルバイトをやりましたが、雀荘バイトが一番面白く、やりがいがありました。





この記事を書いている人 - WRITER -
現在の職業は、フリーター兼ブロガー。これまで接客・非接客合わせて5種類のアルバイトを経験。職場における失敗&成功体験から得られた情報をお伝えしてきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はたらこプラス , 2018 All Rights Reserved.