掛け持ちバイトならこの職種を選べ!効率よく稼げるおすすめ10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掛け持ちバイトをするなら、できるだけ効率よく稼ぎたいですよね?

そこで、時給が高く時間の融通も利く、掛け持ちにピッタリな職種をご紹介します。

空いた時間を上手に活用し、収入アップにつなげてください。




掛け持ちバイトおすすめ10選

ファミレス


ファミレスは、ランチタイム、ディナータイムに混雑し大量の人員が必要なため、この時間帯であれば短時間勤務も受け入れてもらいやすいです。

ランチタイムにファミレスでバイトし、早朝や夕方に違うバイトを掛け持ちすることができます。

食事補助が出るのも嬉しいですね。

ファミレスの求人一覧を見る

居酒屋


居酒屋は夜の時間帯なので、昼間のバイトと掛け持ちすることができます。

夜10時以降は時給が上がるので、稼ぎたい方にもおすすめです。

和気あいあいとした職場環境で、バイト友達もたくさん作れます。

居酒屋の求人一覧を見る

マクドナルド


マクドナルドは1日2時間~OKで、シフトも1週間ごとの自己申告制なので、掛け持ちバイトにはぴったりです。

本職のシフトを優先し、空いた時間をマクドナルドに回すことができます。

掛け持ちしようと思っているけど、今のバイトは時間に融通が利かなくて難しいという方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

マクドナルドの求人一覧を見る

コンビニ


コンビニは24時間好きな時に働くことができ、1日3時間から勤務可能なので、掛け持ちバイトとして人気です。

全国どこにでもあるため、もう一つのバイト先に近いコンビニを選べば、移動時間の節約になります

早朝や深夜のシフトであれば、時給が上がるのでお得です。

> コンビニバイトの求人一覧を見る

新聞配達


新聞配達は朝刊だけ、夕刊だけも可能なので掛け持ちがしやすいです。

何といっても、1,200円以上の高時給が魅力です。

朝刊配達の場合は、ご飯付きで寮に入れるので、一人暮らしの最も大きな負担になる家賃と食費を浮かせられます

生活が苦しいフリーターや学生さんにおすすめです。

新聞配達の求人一覧を見る

家庭教師


家庭教師は、時給2,000円前後もらえるおいしいバイトです。

時給の高い早朝の仕事と掛け合わせれば、短時間でもかなりの額を稼げるでしょう。

採用には高い水準を要求されますが、勉強を教えることが苦にならないようであれば、ぜひチャレンジしてみてください。

> 家庭教師の求人一覧を見る

夜間警備


夜間警備が掛け持ちバイトに向いている理由は、“宿直”だからです。勤務中に仮眠を取れるので、勤務終了後次のバイト先に直行することが可能です。

普通の深夜バイトであれば、勤務終了後に仮眠を取らなければならないため、そうはいきません。

宿直でも手当がつくので、日中のバイトより圧倒的に稼げますし、仕事も見回りや監視程度ときつくない点もおすすめポイントです。

警備の求人一覧を見る

在宅ワーク


掛け持ちをする時間的・体力的余裕のない方は、在宅ワークをおすすめします。

バイトのように時給が保証されていないというデメリットはありますが、自宅で好きな時間に働けるので、リスクがありません。

ライターの仕事であれば、効率よくやればバイトと同じくらいの時給額を稼ぎ出すことも可能なので、まずは始めてみましょう。

> 在宅ワークの求人を見る

日雇い派遣


時間的に長期バイトが難しいという方は、日雇い派遣を選ぶのもありです。

働きたい日だけ仕事をすればよいので、本業の都合を優先できます。

試験監督やシール貼など“楽”な仕事も多いので、掛け持ち初心者にもおすすめです。

日雇い派遣の求人一覧を見る

早朝仕分け


早朝の仕分けは時給が高くお得です。

また、仕事自体も接客がなく、人に気を遣わなくていいので気楽にできます。

特におすすめは郵便局。郵便物の仕分けであれば重いものを持つ必要がないので、体力に自信のない人でも安心です。

作業ノルマを課せられることもなく、ゆっくりでもいいので正確にやれば怒られる心配もないため、マイペースに働けます。

仕分けバイトの求人一覧を見る

掛け持ちバイト実践例

飲食店✕飲食店

それぞれから交通費がもらえるので、午前と午後で別のお店で働くと交通費が2倍になるのが嬉しかったです。あと、掛け持ちしていると賄いの御飯もバリエーションが増えるので飽きることがないです。
(Sさん 40代 女性)


家庭教師✕ファーストフード

ファーストフード店の朝番に入り、(大学の)授業をうけ、家庭教師のバイトをしました。短時間ですむので、自分の勉強もできてよかったです。
(Pさん 30代 女性)


学習塾講師✕スイミングインストラクター

両方とも「人に教える仕事」です。つまり、仕事のコツが共通していているので、覚えることなどの負担が少なくて済みます。また、授業数(コマ数)で仕事量を調節できるので、掛け持ちもしやすいです。
(Mさん 30代 男性)

掛け持ちバイトのメリット

掛け持ちバイトは、特にフリーターや主婦に大きなメリットがあります。掛け持ちすることで、社会保険の天引きを免れるからです。

従業員501名以上の企業で週20時間以上勤務しており、かつ月8.8万円以上の給料が支払われている場合、社会保険の加入(学生除く)が義務付けられます。

フリーターのように年収が低い方であれば、月収に応じて国民年金を一部免除してもらえる制度を利用できるので、月収の少ない一人暮らしの場合、社会保険に加入すると損なのです。

それなりの給料をもらえていれば、結果的に国民年金よりお得なのでメリットが大きいですが、月収10万前後であれば、無駄な負担を強いられ、生活するうえで死活問題になるかもしれません。

週20時間未満のバイトを2つ掛け持ちすれば、社会保険に加入する必要がなくなり大きく稼げます。

しかも、早朝や深夜勤務などを有効活用すれば効率的に稼げるので一石二鳥です。

掛け持ちバイトのデメリット

デメリットとしては、気持ちの切り替えが難しいことです。職場が違えば、仕事内容や人間関係もガラリと変わるため、2つの環境に対応する柔軟さが求められます。

環境の変化に弱い人は、一つの職場で長時間働いた方が楽でしょうし、その分仕事にも集中できるので、大きなミスを起こして余計なストレスを抱える心配もありません。

特に学生さんの場合、長時間勤務でも社会保険に加入する必要がなく、学校の勉学とも両立しないといけないことを考えると、掛け持ちはオススメできません。一つのバイト先で腰を据えて働いた方がプラスになるでしょう。

会社によっては掛け持ち禁止のところもありますので、既にバイトをしている場合は、今の勤務先が掛け持ち可なのか必ず確認しておきましょう。

まとめ

掛け持ちバイトは、時間を有効活用したい方、さらに給料を増やしたい方には大きなメリットがあります。

ただその一方で、環境の違う2つの会社で働くことは、心身ともに大きなストレスを被りやすいのも事実です。

掛け持ちする場合は、メリット・デメリットを踏まえ、あなたの適性に合った職種を選びましょう。






SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*