スポーツジムのバイトは楽しい?経験者の評判で明かされたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ好きに人気のスポーツジムバイト

特にスポーツ経験者であれば、これまでの知識を活かしてお客様の身体づくりをサポートできるやりがいのある仕事です。

そんなスポーツジムのバイトには、どんな仕事やメリット・デメリットがあるのか?詳しい評判を見ていきます。




仕事内容

フロント

電話応対(新規勧誘や会員費の督促も含む)、会員情報の管理、館内案内、来店者の入店来店の受付、物品販売、会員費の管理、DM配布

スイミングスクールやテニススクールなどがあれば、スクールの受付も担います。

インストラクター

初回のお客様へ館内案内、エアロビクスやストレッチ・ヨガ等のレッスン、お客様のサポート(マシンの使い方やトレーニングの指導)、イベント企画、ポスター作成(トレーニングやマシンの使い方を説明したもの)

ライザップのようなマンツーマン式でなければ、質問に答えたり、悩んでいるお客様をサポートすることが中心です。また、常連のお客様と親しく会話することも大切な仕事です。

スポーツジムのバイト評判

スポーツジムのバイト経験者2人に「大変だったこと」と「やりがい」を聞きました。

大変だったこと

(40代 女性)

会費を滞納している方のリストが回ってくるので、会費を入金してもらえるよう督促の電話をしなければいけなかったのが苦労しました。中には単純に払い忘れているケースもありますが、ほとんどが退会したいという話になるので、未納分を振り込んでもらうのと退会月の折衝に苦労しました。

また、基本的に入退会の受付時だけしか座ってはいけないことになっていたので、長時間のシフトの時はずっと立ちっぱなしで足がパンパンになりました。夏休みなど繁忙期は勤務時間も長く大変でした。

(30代 女性)

続けて来て貰うことに苦労しました。入会費が無料の時期に入会される方は多いですが、目標があって入会された方以外は通うのが面倒になったり、会費が高いため辞めるという方が多くいました。積極的に話をして、興味を持ってもらう事が大事です。

個別のジムではなく、たくさんの方が利用するスポーツジムで働いていたので、会員様同士のトラブルに多く遭遇しました。いくらルールを設けていても、あの人のこういうところが気に食わないとか、マシンに居座ったり、スタッフを独り占めする方もいます。ジムは広くまた危ない器具が多いので、いかに周りをみてトラブルなく快適に過ごしてもらうか、指導しながら周りへのアンテナ張りが大変です。

やりがい

(40代 女性)

通ってくださる会員さんと交流が深まっていくのが楽しかったです。最初は1人だけの入会でも、のちに家族で入会してくださったり、日常の話を聞かせてくださったりと近所付き合いのような付き合いになっていくのが楽しかったです。

子供のスイミングでは級があがる姿を一緒に喜べたり、感動する場面もありました。

毎日のように通ってくださるシニアの会員様にプレゼントをいただいたこともあります。最初はお菓子の差し入れなど軽いものでしたが、プレゼントが徐々にランクアップしていき、最終的には形見に持っててほしいと象牙のブローチをいただくことに。

(30代 女性)

やりがいは2つあります。

まず、初めての接客が仕事で海外から来た2名で、日本語がまだあまりわかっていなかったため説明が難しかったのですが、見学をして、楽しかったと即入会してもらえました。入会されてからも私を見かけると、いつも挨拶をしてくれてとても嬉しかったです。

2つ目は、来る時はむすっとしていたり、しんどいなという顔をしている方も、汗をかいて、スタッフや他の会員様とお話をして「楽しかった」「気分転換になった」「筋肉付いてきた」など、帰る前に楽しそうに色んな話をしてもらえると、やっていてよかったなと思います。

まとめ

スポーツジムのバイトは、会員様と長い付き合いになるため、親しくなりやすい環境です。常連さんとは世間話に花が咲き、友達付き合いのような感覚で楽しく働けます。

また、健康や運動に関する知識が身につくのもメリット。健康的な身体づくりは、これから生きる上で欠かせません。

最初は知識がなくても大丈夫。まずは、「人のために役立ちたい」という気持ちが大切です。






SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*