アルバイト探しや転職を検討中のサラリーマン、ニート脱出を目指す方に役立つ情報を提供します。

30代独身男が語る!結婚しない5つのメリット

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在の職業は、フリーター兼ブロガー。これまで接客・非接客合わせて5種類のアルバイトを経験。職場における失敗&成功体験から得られた情報をお伝えしてきます。
詳しいプロフィールはこちら

今現在も、結婚が当然視される風潮にある日本社会では、30代、40代になっても未婚のままでいると異端児に見られがちです。

でも、結婚することで本当に幸せになれるのでしょうか?ましてや子供ができれば、教育費などの負担が大きく、大切なものさえも犠牲にせざるを得ません。

事実、私自身は30代になった今も未婚ですが、結婚したいと思ったことは一度もありません。

今回は、独身の私から見た、結婚しない5つのメリットをご紹介します。




気を遣わなくて済む

コミュ障にとっての最大の関門である人間関係。誰かと一緒に居ると常に気を遣ってしまい、大きなストレスを感じます。

ただでさえ会社での人間関係にうんざりするほど疲れているというのに、家に帰ってまで妻のご機嫌取りをしないといけないとなれば、気の休まるときがありません。

もちろん、夫婦水入らずの時間は楽しいでしょう。ただ、夫婦関係はいつも順風満帆とはいきませんし、自分のことばかりでなく、家族サービスも要求されます。疲れていようと休日は遊びに連れて行かないといけなかったり、誕生日や結婚記念日等に何らかのプレゼントを用意したり・・・

そんなことは全く苦にならないという人もいるでしょう。ただ、コミュ障の私にとっては、仕事から帰った後も人間関係に拘束されるのであれば、独身を貫くメリットの方が大きいと感じています。

無駄な争いを避けられる

結婚生活の長い方であれば、「夫婦喧嘩というものを一度たりともしたことない」という人は、ほとんどいないのではないでしょうか?

プライベートの時間まで同じ空間で一緒に過ごすような日々を送っていれば、夫婦喧嘩はどうしても避けて通れません。お互いに鬱憤が蓄積されていき、我慢の限界に達した瞬間、一気に大爆発へと至ります。ちょうど、地震や噴火が発生するようなイメージです。

私は一人っ子育ちのため争い事は大嫌いな性格で、夫婦喧嘩なんてもっての外です。せっかく仕事のストレスから解放されたのに、家に帰れば機嫌の悪い妻がいるなんて、考えただけでもゾッとします。

実際、仕事が終わっても自分の家に帰れず、ネットカフェやカプセルホテルに泊まりこむ男性もいるそうです。そんな悲惨な事例を目にする度に、「結婚しないでよかった」と思わされます。

時間を自由に使える

結婚生活は、時間的な拘束も受けます。夜の営み、家族サービス、子供の世話等々・・・

この時間を自己啓発にでも充てれば、どれほど自分自身の成長につながるでしょうか?

「妻が料理を作ってくれるから、時間の自由という面では結婚した方が得」という反論もあるでしょう。確かに独身であれば、家事代行サービスを使わない(頼めるだけの十分な給料がない)限り、身の回りの家事はすべて一人でやらなくてはいけません。

でも今は、スーパーに行けばレンジでチンするだけの料理セットが売られている時代です。コンビニ弁当生活でも、栄養バランスの整った食生活は送れます。わざわざ自炊しなくても、十分時短可能なのです。自分の好きな物を食べられますし、料理の味にケチをつけて妻の機嫌を損ねる心配もありません。

それを考えれば、結婚しない方が時間的自由度は高くなります。

お金を自由に使える

結婚生活にはお金がかかります。特に子供がいる場合は、医療費や教育費が大きな足かせになります。その結果、せっかく自分で稼いだお金を自分のために使えないという、悲しい顛末になります。お金の管理は妻がして、自分は少ないお小遣いでやり過ごしているというビジネスマンも多いようです。

もちろん、自分の趣味に使うより、家族と楽しむために使いたいという人もいるでしょう。ただ私の場合、将来は海外移住したいという夢(?)がありますので、妻や子供のために資金を回す余裕はありません。

私と同じように成し遂げたい大きな夢がある人は、「結婚しない」か「結婚しても、子供は持たない」という選択も検討するべきだと思います。

人生を選べる

結婚しない一番のメリットはやはりコレ!

男性であれば、妻子を養っていくために人生の選択肢が限られてしまいます。転職するにも妻の許可がもらえず、泣く泣く今の会社で働き続けるという人も多いのが現状です。

独身の場合、自分一人が生活できる額を稼げればいいので、フリーターで生きることも許されますし、起業や海外移住に思い切ってチャレンジするのもありです。人生に大きな可能性が広がります。

「自分の人生は自分で決めたい」のであれば、結婚に囚われる必要はありません。周りが冷ややかな視線を送ってきても、気に留めないようにしましょう。「結婚のせいで、夢をあきらめざるを得なかった」となれば、一生後悔します。

まとめ

日本の制度では、「結婚して子供を育てて・・」みたいな生き方が、税の免除などで優遇されるように仕掛けられています。

だからと言って、それで全員が幸せをつかんでいるようには思えません。

結婚に向かない人や、自由気ままに生きたい人も世の中にはおり、そういった人にも結婚を押し付けるのは筋違いです。

周りの意見や社会でまかり通っている常識に流されず、自分の頭でしっかり考えて決断してくださいね。



この記事を書いている人 - WRITER -
現在の職業は、フリーター兼ブロガー。これまで接客・非接客合わせて5種類のアルバイトを経験。職場における失敗&成功体験から得られた情報をお伝えしてきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はたらこプラス , 2018 All Rights Reserved.