アルバイト探しや転職を検討中のサラリーマン、ニート脱出を目指す方に役立つ情報を提供します。

“職歴なし” のニートが海外就職するまでの具体的な道筋

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在の職業は、フリーター兼ブロガー。これまで接客・非接客合わせて5種類のアルバイトを経験。職場における失敗&成功体験から得られた情報をお伝えしてきます。
詳しいプロフィールはこちら

職歴の全くないニートでも海外就職できるのでしょうか?

答えは、YES!

一番の近道は留学です。

現地の学校を卒業すれば、外国人にもチャンスがあります。

日本のような年齢制限もないので、30代、40代だろうと関係ありません。

海外には人生をリセットできるチャンスがあるのです。


もちろん、留学と言っても好きなコースを選べばいいわけではありません。

指定された教育機関と学科を卒業することが大前提です。

どんなコースを選択すればよいのか、入学の条件は何か、具体的に見ていきます。



どの国がおすすめ?

おすすめは、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドです。

これらの国は、指定された専門学校、大学、大学院を卒業後、留学期間に応じて8カ月~3年の就労ビザを取得できる制度があるので、その間は就職が決まらなくても現地に滞在することができます。海外では、卒業までに就職が決まるケースは稀なので、この制度がないとかなり厳しいでしょう。

いずれの国も労働環境がよく、いつも定時に退社でき、休みも自由に取れるので、日本で働いていた人にとっては天国に感じるはずです。また、日本のように職場の人間関係に気を遣う必要もないので、コミュニケーションが苦手なニートの方でも快適に働けます。

まずは適職チェック

海外就職を成功させるためには、自分にあった職種のコースを専攻することが必須です。例えば、コミュニケーションが苦手なのにホテルマネジメントコースを選んでしまったら、苦労するのは目に見えています。

まずは適職診断を行い、あなたはどんなことが得意で何が苦手なのかをしっかり認識しておきましょう。



留学の種類

卒業後に就労ビザを取得できるコースは、専門学校、大学、大学院の3つです。

専門学校

8カ月~2年のコースです。大学・大学院と比べて入学難易度が低く学費も安く済みますが、その分就職は厳しくなります。

注意点は、卒業後就労ビザを取得するには、公立の学校を選ぶ必要があることです。私立の場合、制度の対象になりません。

学費(年間)4)1カナダドル=88円、1豪ドル=85円、1NZドル=76円で換算

カナダ(コミュニティカレッジ):120万円
オーストラリア(TAFE):140万円
ニュージーランド(ポリテクニック):110万円

英語力

カナダ:TOEFL ibt79、IELTS6.0
オーストラリア:IELTS5.5
ニュージーランド:IELTS5.5

必要書類

高校時代の成績証明書、英語資格スコア(TOEFL、IELTS)

専門留学に興味を持たれた方

専門学校に興味を持たれた方は、どんな専門学校・コースがあるのかチェックしてみましょう。

> カナダ留学

> オーストラリア留学

> ニュージーランド留学

大学

4年分の学費が必要なので、経済的な負担が大きいです。その代わり、就職時は専門学校より有利に扱われます。

学費(年間)5)1カナダドル=88円、1豪ドル=85円、1NZドル=76円で換算

カナダ:82万円~220万円
オーストラリア:120~300万円
ニュージーランド:76万円~152万円

英語力

カナダ:TOEFL ibt80、IELTS6.5
オーストラリア:TOEFL ibt79~80、IELTS6.5
ニュージーランド:TOEFL ibt80、IELTS6.0

必要書類

高校時代の成績証明書、英語資格スコア(TOEFL、IELTS)

大学留学に興味を持たれた方

大学留学に興味を持たれた方は、どんな大学・学部があるのかチェックしてみましょう。

> カナダ留学

> オーストラリア留学

> ニュージーランド留学

大学院

大学院卒は、大学よりさらに就職が有利です。年間授業料は高いですが、2年間のコースですので、結果的に4年生大学より負担が軽くなります。カナダは学費が安いですが、入学難易度が非常に高いです。

学費(年間)6)1カナダドル=88円、1豪ドル=85円、1NZドル=76円で換算

カナダ:44万円~150万円
オーストラリア:175~340万円
ニュージーランド:175万円~340万円

英語力

カナダ:TOEFL ibt80~100、IELTS6.5~7.0
オーストラリア:TOEFL ibt80、IELTS6.5
ニュージーランド:TOEFL ibt80、IELTS6.5

必要書類

豪・NZ:大学時代の成績証明書、英語資格スコア(TOEFL、IELTS)
カナダ:大学時代の成績証明書、英語資格スコア(TOEFL、IELTS)、推薦状、CV(職務経歴書or学業経歴書)

大学院留学に興味のある方

大学院留学に興味を持たれた方は、どんな大学院・専攻があるのかチェックしてみましょう。

> カナダ留学

> オーストラリア留学

> ニュージーランド留学

お金を作る

留学するには、とにかくお金を貯めなければなりません。ここでは、正社員以外でお金を作る方法をご紹介します。

アルバイト

実家に住めば、アルバイトでも年100万~150万円くらい貯まります。

家の近くでバイトしたい方は長期の仕事、職場の人間関係や縛りを軽減したい人は日雇いの仕事を選ぶといいでしょう。


フリーランス

人間関係を避けたい方は、一人で取り組める在宅ワークを選ぶといいでしょう。

職種は、指定された記事の作成(ライター)、データ入力、テープ起こしなど豊富です。

クラウドワークスなら、月10万円稼ぐことも可能です。



英語試験スコア取得

留学するには、IELTS、またはTOEFLのスコアで基準を満たしていなければなりません。

IELTSとTOEFLおすすめはどっち?

IELTSが断然おすすめです。理由は3つあります。

・IELTSは、要求される必要最小スコアが低めに設定されている
・IELTSは、ペーパー試験なので日本人に馴染みやすい
・IELTSは、独特の癖のあるTOEFLよりも対策を練りやすい

リスニング

リスニングに苦手意識のある方は、日本語にはない「英語特有の音」を聞き取れないことが原因です。音のパターンは決まっているので、それらを全て身につけることで苦手を払拭できます。

月額980円最初の1週間無料でお試しできるスタディサプリ ENGLISHは、英語の音を理論的に学び、学んだ音を何度も聞いて反復練習し脳に定着させることで、英語脳ができあがります。

ゲーム感覚で取り組めるので、参考書や英語教材での学習のように、途中で嫌になり止めてしまう心配がありません。スマホ・タブレット・PCからいつでもできるので、仕事や外出時の隙間時間に取り組めます。

リーディング

効果的なリーディング対策は、自分が興味のある分野の英語ニュース(BBCやCNNなどのサイトから好きな記事を選ぶ)や英語小説を多読するです。

英文を読みこなすためには、基本的な文法も必要になるので、基本的な文法書を1冊手元に置いておきましょう。

『Forest』は、長年にわたり最も売れている文法書です。




ライティング・スピーキング

ライティング・スピーキングは、独学では対策が練りにくいので、オンラインスクールを利用した方が近道です。もちろん、高額なスクールに通わなくても十分に結果を出せます。

ベストティーチャー・IELTS対策コースは、3ヶ月48,600円と格安で効果も証明済み(下写真)です。




模擬試験

本番と同じ条件で模擬試験に取り組むことも大切です。

下の参考書は、IELTS実施団体であるケンブリッジ大学が作成した公式問題集ですので、実際のIELTS試験と問題はほぼ同じです。IELTSを受けるなら、必ず購入しておきましょう。




洋書が不安な方は、初めは日本語の参考書を使うのも一つの手です。




永住するには?

安定した生活を送るために、永住権を取得しましょう。

大学(専門学校、大学院)卒業後、以下の指定された職種で一定期間経験を積めば、取得可能です。

> カナダ職種リスト
> オーストラリア職種リスト
> ニュージーランド職種リスト

まとめ

社会人経験のないニートが、留学経由で海外就職する方法を紹介しました。

「これなら自分もできそうだ」と思われたかもしれません。

まずは、専攻分野を決めることから始めましょう。






References   [ + ]

1, 2, 3, 4, 5, 6. 1カナダドル=88円、1豪ドル=85円、1NZドル=76円で換算
この記事を書いている人 - WRITER -
現在の職業は、フリーター兼ブロガー。これまで接客・非接客合わせて5種類のアルバイトを経験。職場における失敗&成功体験から得られた情報をお伝えしてきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はたらこプラス , 2017 All Rights Reserved.