簡単にできる!目覚ましなしで起きる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目覚ましのアラーム音で無理に起きる生活は、体にとって大きなストレスとなります。特に朝が弱い人の場合は深刻です。

私自身も子供のころから朝に弱く、目覚ましで無理に起きて学校に行くも、心身ともに1日中スッキリせず、授業にも集中できない日々を過ごしていました。大人になってからも克服できず、朝からの仕事は長続きしませんでした。

私が朝に弱いのは、体質のせいでどうすることもできないと思っていました。

ところが最近、誰でも簡単に アラーム音なしで楽に目覚める方法があることを知りました。自然に目覚めて出勤(登校)できるようになれば、見違えるように体調がよくなり、仕事への集中力も格段に高まったことを実感できるはずです。





目覚ましなしでは起きられない理由

体が正常な状態であれば、目覚ましのアラーム音が鳴らなくても、起床時刻までにきちんと目覚めるようにできています。毎朝目覚まし時計をセットしないと寝坊してしまう理由は、自律神経がカギを握っています。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。交感神経が優位であれば、脳は活動状態、副交感神経優位であれば、脳は休息状態です。健康な状態では、夜寝る時間は副交感神経、起床時は交感神経が活発になります。

ところが、自律神経が乱れることにより両者のバランスが崩れ、夜は交感神経、朝は副交感神経が高まります。すると、夜は眠れず、朝は起きられないという悪循環が続くのです。

自律神経が乱れると…

自律神経のバランスが崩れると、以下のような症状が現れます。

・冷え
・肩こり
・片頭痛
・低血圧(脳貧血)
・胃腸障害(胃痛・食欲不振・便秘)
・めまい
・眼精疲労
・集中力低下
・記憶力低下


自律神経の乱れは、日常生活全体に悪影響が及びます。朝スッキリ目覚めるようになるためにも、自律神経をきちんと整えていかなければなりません。

自律神経を整える方法

自律神経を整えぐっすり眠るには、以下の対策が考えられます。

就寝前はリラックス

ベッドに入る時点で、副交感神経優位な状態にしておかなければぐっすり眠れません。そのためには、以下にあげる3つの行為を避けることです。

まず、最もいけないのが、就寝前のスマホやパソコン。画面からの明るい光が目に入ることで、脳が昼間だと勘違いし、交感神経を活発にする要因になります。寝る1時間前までには、画面を見るのをストップしなければいけません。

夜遅い食事は、安眠を妨げます。胃に食べ物が入った状態で寝ると、睡眠中に消化活動をしなければならないため熟睡できません。空腹状態でベッドに入れるよう、食事は就寝3時間前までに済ませましょう。

寝る前のコーヒーもいけません。コーヒーに含まれるカフェインは、脳を興奮させる作用があるからです。就寝2時間前以降は、摂取しないようにしましょう。

夜更かししない

必要な睡眠時間は人によって異なりますが、最低6時間以上は必須と言われています。夜更かしして、朝になると無理やり起床するという生活を続けていると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。6時間以上の睡眠を確保できるよう、就寝時刻を決め、必ずその時間には床に就くように心がけましょう。

窓から入る光を防ぐ

屋外は、電灯やお店の明かりで、夜でも明るくなっています。アパート・マンション等の雨戸がない部屋で就寝している場合は、外からの光を遮断するために、厚手のカーテンなどで対策を施しましょう。

起床・食事時刻を一定にする

私たちの脳は、体内時計によってコントロールされています。起床・食事の時刻を一定にし、昼間は活発に動くようにすることで、夜になると眠くなり、朝も自然に目覚めるようになります。自律神経を整えるには、体内時計を意識した生活を習慣づけることが大切です。

栄養をしっかり摂る

睡眠は、セロトニンという脳内物質が睡眠ホルモンの分泌を促すことにより高まります。熟睡のためには、セロトニンをいかに合成するかが重要になるのです。

セロトニン合成には、トリプトファンビタミンB6を含む食べ物を摂取する必要があります。トリプトファンは、肉・魚・ナッツ類、ビタミンB6は、にんにく、マグロ、牛肉などに多く含まれています。

起床後は太陽の光を浴びる

朝に太陽光を浴びることも、セロトニン分泌に有効です。光の刺激で、脳内を副交感神経から交感神経へと切り替えることができます。太陽の光で体内時計をリセットすれば、自律神経が整います。

目覚まし時計で起きないこと

目覚まし時計のアラーム音で起きるのは、自律神経を狂わせるだけでなく、命の危機にさらされることさえあります。詳しくは、次章で解説していきます。

目覚まし時計で起きる弊害

血圧の急上昇

寝ているときにいきなり「ワッ」と大声出されたら驚くように、急にアラーム音で起こされることは、脳にとって多大なるストレスなのです。このストレスは、血圧の急上昇につながります。

就寝中は血圧が低い状態で血液が穏やかに流れています。そこへ血圧が急上昇することで、血液が一気にどっと流れ出し、最悪の場合、血管が破れ、脳出血や大動脈などで突然死する可能性すらあるのです。

血圧の急上昇による突然死は、お年寄りはもちろん、若い人にも頻繁に見られます。また、普段の血圧が高くない人でも起こりうる怖い
現象なのです。

自律神経の乱れ

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。レム睡眠は眠りが浅くなっている状態、ノンレム睡眠は反対に深い眠りの状態です。睡眠時は、レム睡眠とノンレム睡眠が交互に現れます。

脳が休んでいるノンレム睡眠時に突然のアラーム音で起こされることは、脳に大きなストレスがかかります。起床時から交感神経が急加速することにより自律神経が乱れ、仕事に集中できない、疲れが抜けない、体がだるいといった、1日中スッキリしない日を送ることになるのです。

もちろん、レム睡眠時のタイミングで目覚ましが鳴ってくれればいいのですが、現実には、何時にレム睡眠になるかを予想するのは非常に困難でうまくはいきません。

そうは言っても、自律神経を整えるために目覚まし時計の使用を止めれば、会社や学校に遅刻してしまいますし、このままの生活を続ければ、いつまでたってもつらいまま。この悪循環を断つには、いったいどうすればいいのでしょうか?次章で詳しく解説します。

目覚ましなしで起きる方法

目覚ましで無理に起床することは、体の不調を招くばかりか、突然死のリスクすら招きかねないことを説明しました。ここでは、目覚ましなしで朝スッキリ目覚める方法をお伝えします。

一つ目は、長い時間をかけ、徐々にアラーム依存から脱却していく方法です。3章で紹介した方法を実行し、自律神経を整えていきます。

大切なことは、毎日続けることです。何日かさぼったらすぐ元に戻ってしまいます。しかし、長い期間継続するのは辛抱強さが必要ですし、仕事が忙しければ実行するのは困難でしょう。

そこで、どんなに忙しい方でも簡単にできてしまう方法があります。それが、光目覚まし時計inti4(インティ)です。

光目覚まし時計は、従来の目覚まし時計のような大音量のアラーム音で無理やり叩き起こすのではなく、機械から放出される光によって自然な目覚めへと導きます。起床時刻にいきなり明るくなるのではなく、日の出のように徐々に明るくなっていくのでストレスになりません。

光目覚まし時計の効果は、体験者の声を見れば一目瞭然です。アラーム音で起こされていた日々と比べてどれほど楽になるか、すぐにイメージできるでしょう。

そうは言っても、「わざわざ高いお金を払って購入したけど、効果がなかったらどうしよう。」という不安もありますよね?そんな不安を解消してくれるのが、3か月全額返金保証制度です。もし3か月試してみて効果を実感できなかった場合、お金が返ってくるので、リスクは全くありません。

今だけの先行予約特典あり!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*