夢の国は幻想?経験者が語るディズニーランドバイトの評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のバイト先として、毎年必ず挙がるディズニーランド。ディズニーランドバイトの本が出版されると、たちまちベストセラーになる盛況ぶりです。

しかし、人気が高まるにつれ、「ディズニーランド=ブラック」という評判も多く聞かれるようになりました。キャスト(バイト従業員)は、低い時給できつい仕事を課せられ、夢の国の幻想が打ち砕かれてしまったなど。

果たして噂通りのブラックバイトなのか?それとも、やりがいが多く充実感たっぷりのバイトなのか?経験者の体験談をもとに、ディズニーランドバイトの裏側を詳しく紹介します。




仕事内容

仕事の種類は、接客非接客があります。コミュニケーション能力に自信がない方であれば、非接客職種の中から選択します。

接客

アトラクションカストーディアル(パーク内外の清掃や写真撮影)、フードサービスマーチャンダイズ(ディズニーグッズ販売)などです。

非接客

クラーク(事務)、カリナリー(レストランキッチン)、テラー(売上金チェックや入金)、ディストリビューション(倉庫内作業)などです。

研修

最初は全体のオリエンテーションがあり、「ディズニーランドで働くとはどのようなことか」を学びます。

オリエンテーション終了後、各所属部門にわかれて実際の業務についてのトレーニングを受けます。最後に教わったことが身に付いたかどうかテストを受け、合格すれば現場で働き始めることができます。

人間関係

人間関係についての評判はあまりよくありません。

社員に少し意見を言っただけで懲戒処分を受けるといったものや、同じキャスト同士でも落とし合いがあり、社員にクレームをつけて気に入らない人を降格させたりという噂もあります。

ただ、これはディズニーに限らずどの職場でも起こっていることであり、特別気にするようなことではないと言えます。

もちろん、「友達がたくさんできて楽しかった」という人も多いので、悪い噂を心配して敬遠するのはもったないです。

きついこと

身だしなみ

キャストは、「ディズニールック」と呼ばれる身だしなみを守らなければなりません。ヘアースタイル、メイク、爪の長さ、ひげなど細かく設定されています。

勤務中は、社員が巡回し、ディズニールックに違反していないか厳しくチェックされます。もし所見があれば、その場で注意を受けます。違反を繰り返すと、次回の契約更新にも影響が及ぶかもしれません。

解雇されやすい

ディズニーランドの契約更新は非常にシビアです。更新の可否は社員が決めるので、希望しても却下されることもあります。

例えば、遅刻が多い身だしなみの違反を繰り返すゲストから名指しでクレームを受けたなど、本来なら口頭での注意で済むようなことが解雇につながる場合もあります。

接客

ディズニーランドは、ゲスト(お客様)への応対や言葉遣いについて、かなり高いレベルを要求されます。

ゲストに対して「NO」と言うことは絶対に許されません。

「わかりません」「できません」「ありません」「見つかりません」などの表現は禁止されており、わからないことがあれば、必ず先輩キャストの助言を仰ぎます。

接客の際は、常に大きなプレッシャーが付きまとうことを心得ておきましょう。

冬の寒さと夏の暑さ

アトラクションやパレード等、屋外勤務メインの職種は夏と冬が地獄です。特に夏は、熱中症で倒れる人もいるので、水分補給を心掛けなければなりません。

シフトが固定されない

ある日の勤務は8時間、別の日は2時間など、日によって勤務はバラバラなので体調管理が大変です。早朝勤務の場合、早起きするのが辛くなります。



メリット

時間帯手当

早朝や夜間などは、時給が高くなります。

マーチャンダイズキャストを例にとると、

8:00~19:00・・・1,000円
7:00~8:00・・・ 1,200円
19:00~22:00・・・1,200円
22:00~1:00・・・1,550円
1:00~7:00・・・1,450円

となっています。

社員割引

ディズニーグッズを社員割引で購入できます。

従業員食堂

キャストは、従業員食堂を利用できるので、お弁当を用意する必要はありません。

サンクスデー

ディズニーランドでは、「サンクスデー」と称し、キャストのためだけに閉園後のパークを貸切りにするイベントが開催されることがあります。その日は、アトラクションを思う存分満喫できます。

接客スキル

厳しく接客指導されることで、就活にも生きてきます。面接では、どんな質問にも冷静に切り返せるようになるでしょう。

まとめ

ディズニーランドはゲストで利用する分には楽しいですが、働く立場にとっては非常に厳しいのが現実です。「ディズニーが好き」「ディズニーランドが好き」で始めても、想定と現実のギャップに面食らってしまうキャストも多くいます。

ディズニーランドでバイトしたがために、これまで抱いていた楽しいイメージが崩壊し、ディズニーランドやキャラクターまでも嫌いになってしまっては元も子もありません。応募前にメリット・デメリットを必ず確認し、働く決断をした場合は、自分に適した職種を選ぶことが大切です。



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*