コンビニの早朝バイトは半端なくきつい!経験者の私が胸の内を告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は2年間コンビニの早朝バイトしていましたが、辛い思い出ばかりです。

ただ、私の勤務していたコンビニに特殊性がありますので、他とは事情が大きく異なるかもしれません。

とは言え、コンビニの早朝バイトを検討している方には、参考になる部分も多いと思います。

そこで、実際に経験した私が感じた辛かったことや良かったことをありのままに告白します。




お客が怖い

私の勤務していたコンビニは工場の近くということもあり、出勤直前の買い物客が短い時間に集中して押し寄せます。

なので、慌ててしまうこともありますが、何より急いでいて機嫌が悪い人が多いのがきつかったです。

実際、私は何度か怒鳴られたことがあります。私はクヨクヨしやすいタイプなので、怒鳴られる度にすごく落ち込んでしまい、その後の仕事もままならなくなりました。

接客業なので、お客様から怒られることはある程度覚悟しないといけないところですが、特に朝の出勤時間帯は怖いお客さんが多いので、よほど精神的にタフでないと務まりません。

店長が怖い

私の働いていたコンビニは、なぜか早朝に納品のトラックが来ます。

ただでさえ、出勤前のお客さんが押し寄せるので、レジだけで精一杯なのですが、「納品も終わらせろ」「掃除も終わらせろ」「商品補充も終わらせろ」のような過酷なノルマを押し付けられるので、かなりのプレッシャーです。

作業が遅いと店長から怒鳴りつけられるので、極限の緊張状態でした。

私のようなケースはどこのコンビニにも当てはまるわけではありませんが、作業ノルマを課せられると碌なことがありません。作業の方に意識がいってしまえば、肝心の接客がおろそかになり、怖いお客さんに怒鳴りつけられるという悪循環にもつながります。

早朝のシフトを希望する場合は、仕事内容をよく確認しておくことをおすすめします。

体内リズムが狂う

私は低血圧ということもあり、朝にすごく弱いです。勤務日は6時に起床しなければならず、それが大きなストレスでした。

また、無理に起床した直後、体に鞭打って激しい重労働をすることになるため、その日は一日中スッキリしません。

私のように慣れない時間に働くと体内リズムが狂うので、注意が必要です。

コンビニに限らず、早朝のバイトは朝型人間でないと身体的ストレスを被るので、慎重に決断しましょう。

真冬は寒すぎる

寒い真冬の中でも、一番気温が下がる時間帯は日の出前後と言われています。つまり、ちょうどバイトする時間と重なります。

さらに、最も冷える時間に外掃除しないといけないので、身体に堪えます。

この凍えるような寒さのおかげで、この時期はひどい便秘に悩まされました。

私は、夏よりも冬が苦手なので、その意味でも早朝バイトは向いていなかったと思います。

レジ打ちは比較的楽

きついことばかりの早朝バイトですが、良かったこともあります。

その一つとして、レジ打ちが楽な点です。早朝のお客様は、パンと缶コーヒーなど1人当たりの購入点数が少ないからです。

通勤ピークになるときついですが、それ以外は作業に注意を傾けることができます。レジ打ちが遅い人にとっては、楽に感じるかもしれません。

休日はのんびりできる

コンビニの早朝バイトが精神的にきつい理由のひとつは、出勤前のお客さんが集中することにありますが、これはあくまで平日(私の勤務先は土曜も)限定の話。

休日は仕事も休みなので、来店客がぐっと減ります。そのため、作業も捗るしプレッシャーからも解放されます。本当に天国のように感じたものです。

お客さんと仲良くなれる

早朝は怖い人が多かったと書きましたが、中には優しい常連さんもいました。そのお客さんはいつも私に話しかけてくれ、レジをやりながら世間話もしてくれます。それはもう、とても楽しいひと時でした。これだけきついバイトでも、長い年月続けてこられた理由は、親しく話せるお客さんがいたからこそだと思います。

接客業で一番のやりがいは、お客さんと会話できることです。もし今、コンビニでバイトしていて辛い思いをしている方は、一人でもいいので親しい常連さんを作ることをおすすめします。そのためには、単なるマニュアル通りの接客だけでなく、毎日のように来店されるお客さんには、自分から「おはようございます」と挨拶してみるのもいいでしょう。親しげに話しかけていれば、お客さんとの距離が近くなって世間話できるくらい仲良くなれる可能性が大いに高まります。

コンビニに限らずどの接客業でも、「お客さんと会話するのが楽しい」と感じられることが重要です。単に機械のように同じこと繰り返してばかりでは退屈ですね。

まとめ

コンビニ早朝バイトの感想を述べてきましたが、あくまで私の勤務先での話なので、あくまで参考程度に扱っていただければと思います。

ただ、怖いお客さんや朝の慌ただしさは、都会であれば、どのコンビニにも当てはまることです。やはり早朝のコンビニは、精神的・肉体的にきつい仕事と思って間違いありません。

お金を稼ぎたい学生さんであれば早朝もおすすめですが、楽な時間に働きたいのであれば、下の記事も参考に他の時間を選びましょう。

>> コンビニバイト経験者が語る一番楽な時間帯!5つのシフトを比較




どの時間であろうと、コンビニバイトはレジや作業で忙しいですし、様々なサービスを導入しているため覚えることが膨大にあります。でも、友達をたくさん作りたい人やお客さんと会話するのが好きな人にとっては、自分に適した勤務時間を選べば、楽しいバイト生活を送れるでしょう。




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*