会社に不満なら起業しよう!ノーリスクで独立する5ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社に不満を抱くあなたは、意志が強く自分の理念を持っているので、“起業” で成功できるポテンシャルがあります。

起業と言っても、会社を辞めたり、昔のように多額の借金を背負う必要もありません。今の職場で働きながら“副業”として気楽に行え、初期投資も300円から可能なのでノーリスクで始められます。

この記事では、初心者でも安全にゼロからスタートできる起業の5ステップを解説します。


起業する上での注意点

「会社に不満」だからと言って、勢いで退職しないことです。特に起業する場合はしばらくお金が入ってこないわけですから、貯金が底をつき生活苦に陥ることもあります。ある程度目途が立ってから辞表を出しましょう。最低でも生活費を稼げるようになってからが望ましいです。

ただ、長時間労働や人間関係などで健康に支障をきたすほどのストレスになっているようなら退職した方がよいでしょう。会社の仕事にエネルギーを取られ、起業準備が進まないのは最悪です。事業が軌道に乗るまでは、失業保険やアルバイトで乗り切りましょう。

まずはアフィリエイトから

起業の第一段階は、初期投資1,000円以下で始められるアフィリエイトをオススメします。

もちろんアイデアがあるなら、資金を投資して開業するのもありですが、いきなり数100~数1,000万を投資するのはあまりにもリスクが大きく推奨できません。特に起業未経験の方は、リスクゼロで行えるアフィリエイトで“お金の稼ぎ方”や“集客”といったビジネスの基本を学ぶことが大切です。

アフィリエイトとは、ブログやサイトに広告を貼り、その広告をクリックや購入してもらうと報酬を得られるビジネスです。多額の開業資金を必要としないので、失敗しても失うものはありません

ただし、ビジネスであることに変わりはないので、真剣にやらないといつまで経ってもお金を稼げません。やるからには正しいノウハウを学び、計画を整えてから始めましょう。オススメの無料アフィリエイト講座については、この後お伝えします。

Step1:ブログの準備

アフィリエイトを始めるにあたってまずやるべきことは、ブログの開設です。

ブログと言ってもビジネスとして運営していくわけですから、アメブロのような無料ブログではいけません。収益を得るには、自分の作ったブログが検索上位に表示される(SEOと言います)必要があります。残念ながら、無料ブログではSEOという観点で劣るため、芸能人でもない限り大きく稼ぐのは困難です。

ただ、有料ブログといってもドメイン取得:年間1,000円前後、レンタルサーバー代:月額250~500円合計月300円程度ですので、大した痛手にはならないはずです。それよりも、たったこれだけの投資で毎月5~10万安定的に稼げるブログを作れるわけですから、ケチる理由はありません。

まずは、ドメイン取得から行いましょう。ドメインとはブログのアドレス(URL)です。お金を払ってドメインを取得することで、検索上位表示に優れたブログを作るための土台ができます。『ムームードメイン』なら、最初の1年100~500円前後と激安で取得できます。

ムームードメインでドメインを取得したら、ブログを用意しましょう。オススメは『ワードプレス』。初心者でも比較的簡単に使いこなすことができ、かつSEOにも強いので、ビジネス利用にピッタリです。

ロリポップ』ならサポートも付いているので、インストールや使い方などわからないことがあっても悩む必要はありません。月額500円のスタンダードプランを選べば、電話サポートも受けられます。

ロリポップでワードプレスをインストールしたら、ブログ開設完了です。

Step2:アフィリエイトノウハウを学ぶ

ブログを開設できたら、早速記事を書いていきたいところですが、行き当たりばったりでは成功しません。まずは、正しいノウハウをしっかり学んでいきましょう。ここでは、無料でアフィリエイトを学べるオススメサイトをご紹介します。以下に紹介するサイトで勉強してから、本格的に記事を書いていきましょう。

バズ部

(URL: https://bazubu.com/

アフィリエイトで稼ぐために絶対に欠かせないことは、“集客”です。この集客を学べるのが『バズ部』です。

「狙ったキーワードで検索上位表示されるにはどうすればいいか?」「どういったキーワードを選べばアクセスが集まるのか?」「魅力的な記事タイトルの付け方」といった、ブログを作る上で基本的なことを全て学べます。

これからアフィリエイトを始める人には必読サイトです。

タシテク

(URL: https://tashiteku.com/

ブログ開始4カ月、45記事で月5万円稼ぎだしたサラリーマンブロガーのアフィリエイト手法を学べます。アフィリエイト広告への効果的な誘導方法、ブログで稼ぐためのオススメ本など、最小限の労力でお金を稼ぐノウハウが盛りだくさんです。また、月額980円でサポートも受けられますので、不安な方は利用してみてもいいでしょう。

Step3:記事を書いてみる

上記サイトでアフィリエイトを学んだら、いよいよブログの作成開始です。まずはどういったサイトを作るか、記事を書く前に方向性を決めておく必要があります。

ブログはできるだけ一つのジャンルに統一しましょう。一つのジャンルに特化したブログにすることで、検索エンジンからの評価が高まり効率的にアクセスが集まります。

ジャンルは、あなたが得意な分野を選ぶことが大切です。最低100記事書けるジャンルを選びましょう。

ジャンルを選んだら、カテゴリー分けをします。例えば、サッカーのサイトであれば、「Jリーグ」、「海外サッカー」、「ワールドカップ」、「日本代表」、「サッカー中継」といった感じです。

次に、それぞれのカテゴリーごとに記事のキーワードを設定しましょう。キーワード選択は、キーワードプランナーキーワードツールを利用します。

最後に、どれくらいアクセスが集まるのか知るために、必ずアクセス解析ツールを設定しましょう。また、どのキーワードでアクセスがあるか知るために、サーチコンソールも設定してください。

ここまで準備できたら、ようやくスタートです。まずは100記事目指して書いていきましょう。

ちなみに、ある程度記事がたまるまで稼ごうと考えてはいけません。初めのうちはアクセスがほとんどないため、広告を貼ったところで一文にもなりません。毎日0円の売上表を見てはガッカリしているうちにモチベーションが低下し、最悪挫折につながります。最低50記事までは、ひたすら記事を書くことに集中しましょう。

Step4:広告を貼る

50記事書いたら、アクセス数の手ごたえを感じられるようになっているはずです。この段階で広告を貼り、稼ぎ始めましょう。広告の種類は次の2種類があります。記事の中身に応じ、どちらか相応しいものを選びましょう。

クリック型

あなたのサイトに訪れたユーザーに広告をクリックしてもらうことで報酬が発生します。

メリットは、広告を踏んでもらうだけでよいので、アクセスさえあれば確実に報酬が発生します。反対にデメリットは、報酬単価が、1クリック平均30円前後と低いことです。アクセスが少なければほとんど稼げません。

クリック型報酬の代表は、グーグルアドセンスです。

成果報酬型

成果報酬型とは、広告を踏んだユーザーが商品の購入やサービスの利用で初めて成果が発生します。

メリットは、アクセスが少なくてもターゲットが絞れていれば大金を稼げる可能性があることです。デメリットは、クリックだけでは成果にならないので、いくらアクセスを集めても全く稼げないこともあります。稼ぐためには、ユーザーのニーズを満たした記事を書く必要があり、難易度が高めです。

成果報酬型の代表は、エーハチ(A8)です。


以上、クリック型と成果報酬型について紹介してきました。どちらを利用すればよいか迷う場合は、両方を併用して使いましょう。

Step5:起業講座を受講してみる

アフィリエイトで一定の成果を出し、お金の稼ぎ方や集客のコツを掴んだら、いよいよ本格的な起業準備に取り掛かります。

起業することに不安な場合や、どんなビジネスを始めたらよいか分からないという方のために、起業講座を受講してみるのもいいでしょう。ゼロから起業を成功させる方法や「顧客づくり」の方法を学べます。まずは、どんな講座があるか覗いてみてください。

まとめ

一昔前まで、「起業」と言えば多額の借金を背負って始める、非常に敷居の高いものでしたが、今やインターネットの登場で初期投資が必要なくなり、誰でも気軽にできるようになりました。

ただ、いきなり会社を辞めて始めると収入源が絶たれてしまうので、まずは仕事を続けるかアルバイトをして、安定収入を得ながら実践しましょう

はじめに書きましたが、起業初心者は初期費用ほぼ0で行えるアフィリエイトから始められることをオススメします。ブログを作り、自分の力でお金を稼いでみましょう。当たり前のように給料をもらえていた今までとは違った達成感を味わえるはずです。

転職活動におすすめのサイト

転職活動の際、必ず登録しておきたい転職サイトがリクナビNEXTです。

求人数の多さが特徴で、未経験者でも応募できる求人を豊富に取り揃えています

単なる応募だけでなく、企業から直接オファーをもらえる機能や、自分の強みを診断してもらえる
グッドポイント診断など、他社の転職サイトにはない充実したサービスが大きなメリットです。

> リクナビNEXTに登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*