上司と合わない!あまりに理不尽なら転職も検討すべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ怒られるのか納得できない!
同じミスをしても自分だけ怒られる!
自分がこれまで頑張ってきたことまで否定された!

自分のことを理解してくれない上司の下で働くのは我慢の限界ですよね?既に転職もちらついているかもしれません。私自身も上司と合わず、何度も辞めようと思ったこともあります。

しかし、勢いで会社を辞めるのはオススメできません。転職できる保証はありませんし、失敗すれば取り返しのつかないことになってしまいます。

このピンチをどう打開すればいいのか?私の経験も踏まえベストな解決策を提案します。


まずは冷静になること

「何が何でも今の上司は絶対嫌だ!」

そのお気持ちは痛いほどわかります。一旦上司に対する怒りや憎しみを覚えると、目の前が見えなくなってしまうものです。

でも、一度冷静になって考えてみてください。もしかしたら、上司の方が正しいかもしれません。まずは上司が“おかしい”ということを確かめるために以下のことを行ってみましょう。

メモ用紙とペンを用意してください。上司とのやり取りを思い出し、上司、あなた双方の発言を具体的に書き出してみましょう

書いたメモをじっくり読んでみて、どう考えても納得できない場合は次のステップに進みましょう。

第三者に相談

上司が“間違っている”ということを確認できたら、第三者に相談しましょう。

一番いいのは、上司の上の立場の人に相談し上司に注意してもらうことです。上で作成したメモを読みきかせ、どういう点が納得いかないのか具体的に説明しましょう。どうしても上司と合わないようなら、“異動”を直訴してもいいでしょう。

それでも取り合ってもらえなければ、労働組合に相談してみましょう。上司がおかしいことが明らかにもかかわらず、会社全体が上司をかばっているようなら、労働組合は会社に改善命令を下せます。

大切なことは、一人で悩まず必ず誰かに相談することです。やれるだけのことをやり尽してから転職を検討しましょう。

時間が解決してくれる場合もある

相談しても解決に至らないようであれば、転職を考えていいかもしれません。ただ、軽度の場合はしばらく我慢するのも一手です。いつかは上司が交代する日が来るはずなので、それまでは割り切って働く。または、しばらく働いているうちによりを戻せるかもしれません。

もちろん、健康に支障をきたすほどのストレスになっているなら我慢すべきではありません。ただ、転職活動は非常にリスクが大きいこと、無事に内定を獲得できても、転職先で今よりさらにひどい仕打ちを受ける可能性もゼロではないことを頭に入れた上で、どちらか得か天秤にかけてください。

会社を辞めずに転職活動をする方法もあります。実際に他の企業を受験してみることで、今の職場の良さを理解できることもあります。

転職は最終手段

いろいろな人に相談し、自分でもじっくり悩んだうえで「どうしても無理」という結論に達したら転職活動を始めましょう。切羽詰まっていないようなら、転職先が決まってから退職することをオススメします。

あなたが興味を持った職種の求人を検索し、仕事内容や職場環境に魅力を感じたらどんどん応募していきましょう。リクナビNEXT では、あなたのプロフィールに興味を持った企業からオファーが来る機能も用意されています。オファーをくれた企業であれば書類選考が免除されるので、通常の応募より内定確率がグンと高まります。

転職は大きなリスクを伴うので慎重に判断する必要はありますが、自分自身が納得した上での決断なら、例え失敗しても後悔はないはずです。

迷っている場合は、とりあえず『転職サイト』に登録してみましょう。応募したい求人があるのか、どんな企業からオファーが来るのか確認することは、転職を判断するうえで間違いなく大きな助けになるはずです。

> 転職サイトに登録してみる


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*