アルバイト探しや転職を検討中のサラリーマン、ニート脱出を目指す方に役立つ情報を提供します。

【50人に聞いた】暇なバイトランキングTOP10!ボーッとしているだけ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在の職業は、フリーター兼ブロガー。これまで接客・非接客合わせて5種類のアルバイトを経験。職場における失敗&成功体験から得られた情報をお伝えしてきます。
詳しいプロフィールはこちら

退屈すぎて辛いけど、忙しすぎてパニックになるくらいなら暇なバイトがしたい。という方も多いはずです。

今回は、忙しい時間がなく、ほぼ丸一日ボーっとしているだけでお金がもらえてしまう暇なバイトを経験者50人に調査しました。

最も人気の高かった10職種をランキング形式で発表いたします。




第1位 警備

基本的に立っているだけなので、暇な時間がほとんどでした。
歩行者や車、トラックの誘導などはもちろんありますが、全体の時間にすれば微々たるものなので基本、暇です。
(50代 男性)

一番人気は警備。基本的に立っているだけで、やることはほとんどありません。立ち仕事が平気な人であれば、非常に楽です。

ただ、交通量の多い道路での仕事となると話は別。絶えず車が来るので、一日中誘導に忙しくなります。

応募するなら、施設警備か車や人通りの少ない交通誘導を選びましょう。


第2位 プール監視員

暑い中水にも入れず、ボーっと椅子に座っていたし、たまにホイッスルを吹いて注意するだけで、海ではなくプールで事故がそうそう起こるわけでもなく、何かあれば男監視員のほうが救出するので、動かずに時間が過ぎるのを待つだけで暇です。
(30代 女性)

第2位は、プール監視員。プールで泳いでいる人を見張っているだけです。もちろん何かあればすぐに救出しにいかなければなりませんが、ほぼ起こり得ないことなので、一日中ボーっとしているだけで終わってしまいます。

屋外プールだと暑くて日焼けしてしまうのがデメリットですが、暇なバイトがしたいという方にはうってつけです。

夏限定の短期バイトなので、長く続けられるか不安という人にもオススメです。


第3位 プラカード(看板)持ち

終日、簡易ベンチに腰掛け、ただひたすら看板を持っているだけで済んだからです。手の筋肉は疲れますが、座り続けられることが最大の楽ポイントでした。
(20代 男性)

第3位は、プラカード(看板)持ち。これぞ正に暇なバイトの王様で、看板持って立つor座っているだけです。その代わり、「時間が経たなくて辛い」「手の筋肉が疲れる」ことが難点です。

通行人に広告が見えるように持ち方を厳しく指定される場合もありますが、難しいことではありません。

じっとしていることが得意な方に向いています。


第4位 事務所の電話番

事務所で電話番をするのと従業員が帰って来たらお茶を出すだけのバイトはめちゃくちゃ暇でした。電話は1日1本あるかないかでお茶も朝沸かして夕方つぐだけのバイトでした。
(30代 女性)

第4位は、事務所の電話番。電話は1日に数本だけなので、本当に暇です。しかも、先に紹介した3職種と違い、エアコンの効いた部屋で仕事ができるので非常に快適。

ただし、規模の小さい事務所を選ぶことがポイント。コールセンターのように1日何件も電話が鳴るようなところは忙しいです。

完璧に条件の揃った求人を見つけるのは難しいですが、小規模事務所の事務員で探してみてください。


第5位 個人経営店での販売業務

1日の来店数が0~3程度。売れないため入荷作業や問い合わせもなく、ぼーっと店番をするしかなかった。
(30代 女性)

第5位は、個人経営店での販売。個人経営というキーワードがポイントです。

個人経営のお店は、お客さんが滅多に来ないので基本暇です。レジに行列ができたりしないので、のんびり接客したい人に向いています。

ただし、同じ個人経営でもコンビニなどのフランチャイズ店は例外。『セブンイレブン』など会社ブランドでお客を集めているので、死ぬほど忙しいです。

フランチャイズでない、本物の個人店を狙いましょう。

第6位 大学入試の模擬試験監督

朝、教室に入って、受験生のために机を整えるなどした後は、すべての教科が終わるまで教卓に座って過ごすだけ。
(30代 男性)

6位は、大学入試の模擬試験監督。受験経験者であれば誰でも受けたことあると思いますが、予備校で行う模擬試験です。

一般的な試験監督も楽なバイトとして有名ですが、大学入試模擬試験はさらに楽です。「何もすることがない」というコメントが多く挙がってました。


第7位 ビジネスホテルの夜勤

予約の外線電話を受けるのと客室からの内線対応でしたが、退勤時間の朝6時までほとんど鳴りません。
他に仕事がなかったので、電話が鳴ると嬉しかったです。
(30代 男性)

第7位は、ビジネスホテルの夜勤。何かと厳しいイメージのあるホテルバイトですが、深夜は別。夜中はお客様もほぼゼロですし、予約の電話もほとんど鳴りません。なので深夜勤務は、ほとんど何もせずに終了です。

もちろんたまにある来客や電話対応の際は、しっかりとしたマナーが求められるので気を抜けませんが、「とにかく暇なバイトをしたい」なら、検討してみてはいかがでしょうか?


第8位 ネットカフェ

夜間だとたまに入退出の受付をするだけです。仕事がない間は漫画を読んで時間をつぶしたりもできるので楽です。
(20代 男性)

第8位はネットカフェ。日中や夜間は忙しくなりますが、深夜・早朝は来客数が少なく暇になります。

仕事がない時間はマンガを読んで時間潰しできる場合もあるので、おいしいバイトです。


第9位 モデルルームの案内

展示場の前で通りがかりの人に声をかけて、アンケートを書いてもらうだけの仕事だった。入ってくれる人はあまりいないので基本的に暇でした。
(40代 女性)

第9位はモデルルームの案内。場所に依存しますが、声をかけても実際に見学する人は少数なので、基本的に暇です。

やることが少ない割には時給が高いので、楽して稼ぎたい人は応募してみてください。

ただし、屋外勤務なので夏と冬は要注意です。


第10位 施設受付

小さな美術館で宣伝もしていないので、来館者が少なく、座って待っているのが仕事でした。おしゃべりの相手もいないので、眠くなって困りました。
(40代 女性)

第10位は施設受付。来客者の少ない施設の受付なら、ほぼ座っているだけでよいので暇です。

当たり施設を見分けるには、応募のある施設を事前に見学し来客数を観察してみてください。

特にお客様が多く訪れる傾向にある休日を狙いましょう。


まとめ

以上、暇なバイトをランキング形式で紹介してきました。意外な穴場バイトも発見できたのではないでしょうか?

ただ、暇なバイト=楽なバイトではありません。じっとしていられないタイプの人は逆に辛くなるでしょうし、屋外の仕事では夏と冬が地獄です。

自分の適性も考慮しながら、今回のランキングを参考にしてみてください。



この記事を書いている人 - WRITER -
現在の職業は、フリーター兼ブロガー。これまで接客・非接客合わせて5種類のアルバイトを経験。職場における失敗&成功体験から得られた情報をお伝えしてきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© はたらこプラス , 2018 All Rights Reserved.