ブラック企業を選ばないために!会社の裏側を知る5つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職先にブラック企業を選ばないためには、会社の中の様子まで知ることです。

この記事では、求人票からは見えない企業の裏側を知る方法をお伝えします。

簡単に調べられる方法もありますので、ぜひ試してみてください。


面接で知る

面接の際、従業員が働いている様子を覗けるチャンスがあればじっくり観察してみてください。多くの情報を仕入れることが可能です。

例えば、「社長と従業員が机を並べて仕事をしている」なら一人で黙々と働きたい人には向かないですし、タバコ臭がすれば嫌煙家は避けるべきです。

面接で気になることを質問するのも大切です。

対人関係が苦手な場合は、「皆で力を合わせて働ける環境か?一人で集中して仕事に取り組める環境か?」を確認する必要がありますし、長時間の残業が気になる場合は、「深夜まで残って働くこともあるか」聞いておきたいところです。

あまりストレートに聞きすぎると印象を悪くしてしまうので、ある程度はぼかす必要はありますが、気になることがあれば迷わず質問しましょう。例え不採用になっても、入社後後悔するより遥かにマシです。

飲み会面接で知る

経営者と飲み会をしながらの面接であればさらに効果的です。酒の席となると本音がポロリと出やすくなります。

普通の面接や説明会などでは絶対語らないような裏話を教えてくれるかもしれません。

仕事の辛いところ、会社の経営状況、会社の短所、職場の雰囲気、社員の働きぶり、残業時間等々…

これらの情報を知ることで、自分が気持ちよく働けそうな職場か否か判断できるはずです。

「この前、ある社員が今日は夜8時で帰らせてほしいって言ってきたよ。最近の若者は根性がない」

という話が出れば、根性論が根付いた体育会系職場だから辞めておこうと思うでしょう。

注意点として、自分も酔った勢いで前の会社の悪口を言ってしまうのはいけません。不採用に直結してしまいますので、油断してペラペラしゃべり過ぎないように注意しましょう。

飲み会面接を行う企業は中小企業中心に存在します。また、転職エージェントを利用することで会食の場を設けてくれることもありますので、お願いしてみましょう。

職場見学で知る

飲み会面接と言っても、経営者や採用担当者は守りが固く話を盛ることもあるかもしれません。

やはり、実際に働いている社員から話を聞けるのがベストです。

入社を迷っている場合は、現場を見学させてもらったり、社員と会う機会をいただけないか会社や転職エージェントにお願いしてみましょう。

「入社してみて自分に合わない職場だった」と後悔するくらいなら、例えご破算になっても交渉すべきです。

大手企業だから安心とは必ずしも言えません。昨今の電通や和民の事件にあるように、大手でもブラックな職場だったという事例は山ほどあります。

会社の規模や採用担当者の話を鵜呑みにせず、自分の目と耳で確かめ、納得した上で入社することをおすすめします。

ネットで知る

経営者や社員に会わなくても、企業の裏側を手っ取り早く知る方法があります。それが、ネットの口コミ投稿サイトです。

キャリコネは、実際に働いている社員が企業の本当の姿を教えてくれるので、応募の可否を判断するのに役立ちます。自分に合った企業だけに絞って選考を受けられるので効率的です。

投稿された口コミは審査され、不適切な情報を含んでいる投稿は表示されないので、「信頼性」という観点においても安心できます。

口コミを見るには無料会員登録が必要になりますが、一度登録すれば何社でも無制限に見放題になりますので、手間を惜しまず正しく登録しましょう。

> キャリコネに登録する

転職エージェントで知る

職場の雰囲気を知るには会社にお願いするのが一番ですが、下手に動くと合否にかかわるため動きづらいこともあります。そこでオススメなのが転職エージェントです。

転職エージェントは、企業と求職者を仲介する役割を果たすので、あなたの代わりに口利きしてもらえます。自分が話すと印象が悪くなってしまうことも、プロが代行してくれることで話がまとまりやすくなるでしょう。

また、紹介先企業の内部事情にも詳しいので、残業時間や有休取得率、従業員の定着度等について教えてもらえます。

ブラック企業を選ばないために、転職エージェントへの登録は必須と言えるでしょう。

数ある転職エージェントの中で最も実績が高いのが、リクルートエージェントです。求人の質・量共に評価が高く、また無理に勧められることもありませんので安心して利用できます。

社風や残業時間など他社では教えてくれない情報やあなたが気になる条件をアドバイザーから情報提供してもらえます

> リクルートエージェントの詳細な情報を見る

まとめ

転職先がブラック企業だったら、これほど悲惨なものはありません。

転職活動をまた一からやり直すことになるかもしれませんし、経歴も傷つけてしまいます。

どうしても内定獲得に目が行きがちになりますが、何も考えず簡単に受かるような企業に入社すれば、取り返しのつかない結果になるかもしれません。

長く働ける職場を選べるよう、焦らずじっくり進めてください。


まずは、リクナビNEXTで気軽に始めてみましょう。

あなたのプロフィールに興味を持った企業や転職エージェントからオファーをもらえます。

> リクナビNEXTに登録する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*